入試・入学

Study

学部入試

AO入試Ⅰ

共創学部

平成31年度 AO入試Ⅰ 共創学部

共創学部

実施学部

共創学部

募集人員

20人

出願要件

次の各項のいずれかに該当する者で、共創学部の趣旨を理解した上で、本学部の学びを強く志望し、合格した場合に必ず入学することを確約する者。

  1. 高等学校若しくは中等教育学校を平成25年4月以降に卒業した者及び平成31年3月までに卒業見込みの者
  2. 通常の課程による12年の学校教育を平成25年4月以降に修了した者及び平成31年3月までに修了見込みの者
  3. 学校教育法施行規則第150条の規定により高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認められる者で、平成25年4月以降にこれに該当するもの及び平成31年3月までにこれに該当する見込みのもの

(注意)

  1. 共創学部AO入試に出願した場合でも、本学部の推薦入試、一般入試、国際型入試に出願することができます。ただし、別途出願手続きを行ってください。
  2. 九州大学の他学部で実施されるAO入試(文学部、教育学部、法学部、理学部各学科、医学部保健学科、歯学部、芸術工学部各学科、農学部)との併願はできません。
  3. 本学部AO入試に出願した場合でも、本学を含む国公立大学の一般入試に出願することができます。

選抜方法等

大学入試センター試験を免除し、第1次選抜及び第2次選抜により行います。

  1. 第1次選抜
    提出された調査書又は調査書に代わる書類、志望理由書及び活動歴報告書の総合評価により行います。
    なお、該当者は、活動歴報告書の添付資料の一つとして、英語能力試験(実用英語技能検定試験(英検)、TOEFL iBT、IELTS(アカデミック・モジュール)、GTEC CBT、TEAP(4技能)等)の成績を提出することができます。
  2. 第2次選抜
    第1次選抜の合格者に対し、講義に関するレポート、討論、小論文及び面接を課し、提出書類の内容と合わせて総合評価により選抜を行います。
    なお、レポート及び小論文において、一部英語による記述を求める場合があります。

【選抜の流れ】

    1. 第1次選抜
      提出された調査書又は調査書に代わる書類、志望理由書及び活動歴報告書の総合評価により選抜を行います。
    2. 第2次選抜
      第1次選抜の合格者に対し、講義に関するレポート、討論、小論文及び面接を2日間にわたって課し、提出書類の内容と合わせて総合評価により選抜を行います。

<第1日目>
受験者は、2つの講義(文系の内容を主とするものと理系の内容を主とするもの)を受講し、その講義に関するレポートをそれぞれ作成します。
<第2日目>
午前:前日に受講した2つの講義の論題について討論を行います。
討論は、グループ(1グループ12~14人)に分け、グループで論題ごとに討論を行います。
午後:小論文は、講義・レポートと討論を踏まえて、提示されたいずれかの講義の論題に関連した表題を自ら設定し、作成します。
面接(個人面接)は、小論文を作成している間に行います。

出願期間

平成30年 9月18日(火)~9月21日(金)

選抜期日

平成30年10月上旬~中旬 第1次選抜
平成30年11月  3日(土)・4日(日) 第2次選抜

合格発表

平成30年11月22日(木)

最終更新日:2018年8月16日

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る