入試・入学

Study

学部入試

推薦入試

共創学部

平成30年度 推薦入試 共創学部

実施学部

共創学部

募集人員

10人

出願要件

次の各項のいずれかに該当する者で、下記の推薦要件を満たし、高等学校等の長が責任をもって推薦できる者とします。ただし、高等学校等の長が推薦できる人数は、1校につき1人とします。

  1. 高等学校若しくは中等教育学校を平成30年3月までに卒業見込みの者
  2. 通常の課程による12年の学校教育を平成30年3月までに修了見込みの者
  3. 文部科学大臣が高等学校の課程と同等の課程を有する者として認定した在外教育施設の当該課程を平成29年4月から平成30年3月までに修了又は修了見込みの者

○推薦要件

  1. 共創学部が掲げるアドミッション・ポリシーに合致し、人物及び学業に優れ、高等学校等の長が責任を持って推薦できる者
  2. 共創学部が指定する平成30年度大学入試センター試験の教科・科目を受験する者
  3. 合格した場合に必ず入学することを確約する者

(注意)

  1. 指定する平成30年度大学入試センター試験の教科・科目は、国語、数Ⅰ・数A、数Ⅱ・数B、外国語(英語(リスニングを含む。))です。
  2. 出願書類は、高等学校等の長の責任のもと、提出してください。
  3. 共創学部推薦入試に出願する場合でも、本学部のAO入試、一般入試、国際型入試に出願することができます。ただし、別途出願手続きを行ってください。
  4. 九州大学の他学部で実施されるAO入試(文学部、教育学部、法学部、理学部各学科、医学部保健学科、歯学部、芸術工学部各学科、農学部)との併願はできません。
  5. 国公立大学の推薦入試(大学入試センター試験を課す場合、課さない場合を含めて)へ出願することができるのは、1つの学部・学科のみです。
  6. 本学部の推薦入試に不合格となった場合に備えて、別途、国公立大学・学科の一般入試に出願することができます。

選抜方法等

大学入試センター試験を課し、第1次選抜及び第2次選抜により行います。

  1. 第1次選抜
    提出された推薦書、調査書又は調査書に代わる書類、志望理由書及び活動歴報告書の総合評価により選抜を行います。
  2. 第2次選抜
    第1次選抜の合格者に対し、プレゼンテーションと面接を課し、大学入試センター試験の成績及び提出書類の内容と合わせて総合評価により選抜を行います。
    なお、指定した英語能力試験(注)の成績(原本とする。写し不可)を提出した者については、所定の基準にしたがって、大学入試センター試験の英語の点数に換算し、大学入試センター試験の英語の得点と英語能力試験の換算値を比較して、高い方の得点を査定の対象とします。(大学入試センター試験「英語」の受験は必須)
    (注意)英語能力試験は下記のいずれかに限ります。
    実用英語技能検定試験(英検)、TOEFL iBT、IELTS(アカデミック・モジュール)、GTEC CBT、TEAP(4技能)
  3. 大学入試センター試験の教科・科目
    平成30年度九州大学入学者選抜の実施教科・科目等(PDF)を参照

【選抜の流れ】

  1. 第1次選抜
    提出された推薦書、調査書又は調査書に代わる書類、志望理由書及び活動歴報告書の総合評価により選抜を行います。
  2. 第2次選抜
    第1次選抜の合格者に対し、プレゼンテーションと面接を課し、大学入試センター試験の成績及び提出書類の内容と合わせて総合評価により選抜を行います。プレゼンテーションに用いる資料は、「募集要項」で指定したものに限ります。

出願期間

平成29年11月13日(月)~11月17日(金)

選抜期日

平成29年11月下旬~12月中旬 第1次選抜
平成30年  1月27日(土)      第2次選抜

合格発表

平成30年 2月 7日(水)

最終更新日:2017年8月25日

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る