入試・入学

Study

アドミッションポリシー

芸術工学部 School of Design

教育理念

 芸術工学部では、工学や技術に関する科学的な知識、人間や社会に対する深い洞察そして創造的な芸術的センスを兼ね備えた設計家あるいはデザイナーを養成することを目的としています。
 前身の九州芸術工科大学(1968~2003)では、「技術の人間化」という進歩的なスローガンをかかげ、いかに技術を人間生活に適合させるかを教育してきました。そして今日、IT技術の進歩とそれがもたらす新しい文化の形成、生産や流通の革新、生活様式の多様化、地球規模での環境問題など、設計やデザインを取り巻く状況は日々発展し続けています。デザインの対象は「モノ」だけでなく、ことがらや社会の仕組みにも及んでいるのです。
 芸術工学部は、こうした21世紀の状況に的確に対応できる豊かな教養を持ち、国際的にも通用する広い視野と学識を持つ、創造性あふれる人材を育成します。

教育プログラム

 環境設計、工業設計、画像設計、音響設計、芸術情報設計の5学科を設置して、人間とそれを取り巻く世界をこの5つの分野からとらえ、以下の特徴を生かした教育プログラムを用意しています。

  1. 総合的な教育:人文科学、社会科学、芸術学、工学・技術に関する諸分野を相互に関連づけながら、設計やデザインというひとつの目標に向けて相互に分野を関連づけて、教育します。
  2. 実践的で創造的な学修方法:諸分野を自分の中で総合できるよう、また自分から新しい工夫をし、そして企画し提案する能力を伸ばせるよう、実際に設計したり創作したりする機会を多く提供します。
  3. 国際的な学修環境:アメリカ、ヨーロッパ、アジアのデザイン系や工学系の多くの大学との交換留学を実践しています。また多くの外国人留学生を受け入れています。
  4. 資格取得に配慮した教育内容:卒業ののちに活躍できるよう、設計やデザイン関係の各種資格が取得できる教育プログラムを用意しています。

求める学生像(求める能力、適性等)

次のような資質のある学生を芸術工学部は歓迎します。

  1. 基礎学力: 高等学校の基礎科目をかたよりなく十分に学んでいること。
  2. 好奇心: あらゆることに広い関心と好奇心を持っていること。
  3. 感性: 美しさ、心地よさ、文化的な深みなどを感じ取れる感性を持ち、様々なことを予備知識だけでなく自分の視点から判断しようという意欲があること。
  4. 表現力: 自分が伝えたいことを整理し、言葉、図形、造形、音などによって表現することにより、他者に分かりやすく説明できること。
  5. 柔軟性: 具体的な経験から学び、判断する能力を持ち、また、相反する多様な条件の中でも、考えの異なる人々と議論しながら、最良の解決策を模索できること。

入学者選抜の基本方針(入学要件、選択方式、選抜基準等)

 一般入試(前期日程)では、高等学校で学習した科目をよく理解しているかどうか、基礎的な感性を持っているかどうか、を基準に選抜します。

  1. センター試験により、高等学校の主要科目をバランスよく学習しているかどうかを判断します。
  2. 個別学力検査では、英語、数学、理科の3科目を課し、大学で学ぶ理科系の分野に関する学力を判断します。
    (アドミッション・オフィス入試については各学科の項をご覧ください。)

最終更新日:2015年12月25日

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る