入試・入学

Study

アドミッションポリシー

経済学部

経済・経営学科

経済・経営学科 Department of Economy and Business

教育理念

 本学科では、経済学・経営学の基礎理論と幅広い教養、豊かな現実感覚と国際性を身につけることによって、複雑化し多様化する現代の経済社会が直面している諸問題に的確に対処し、その解決策を見出していける人材を養成することを目標としています。

教育プログラム

 本学科の教育課程は次の四つの点に配慮して提供されています。まず、基幹教育科目や基本科目といった基礎的教育からはじまって、専門科目へと発展する積み上げ型の科目編成によって、体系的な履修が可能であるように配慮しています。次に、少人数教育を重視し、1年次の基幹教育セミナー(必修)、2年次の基本演習、3-4年次の演習(必修)など、各年次で少人数教育を受けることができます。さらに、3年次の演習選択時に、「経済分析」「産業分析」「企業分析」の三つの系のいずれかに学生は属しますが、それによって、多様な問題関心と卒業後の進路に即した科目を体系的に履修できるように工夫されています。例えば、「経済分析」系では、経済統計、地域政策、金融システム、国際金融、世界経済、開発経済などの科目群を、「産業分析」系では、産業技術、産業政策、産業配置、産業構造、日本経済史、西洋経済史などの科目群を、「企業分析」系では、経営政策、経営管理、経営労務、原価計算、企業会計、財務会計などの科目群を体系的に履修できます。最後に、大学院への進学を奨めるために、学部4年生を対象に大学院開講科目の一部を「学部特別専門科目」として学部に開放しています。ここで修得した単位は、大学院に進学した場合は大学院の単位として認められます。

求める学生像(求める能力、適性等)

 以上の特色ある教育課程をもっていますので、学生はおのずと自己の問題関心に応じた体系的な科目履修が可能です。その結果、現実感覚や問題解決能力、外国語能力に基礎付けられた国際性、さらには、幅広い教養を養うことができます。先端的科学技術の急速な発展や経済のグローバル化・市場経済化の進展などによって大きな変容を遂げつつある現代の経済社会に深い関心をもち、経済学・経営学の基礎理論や幅広い教養を身につけ、さらに、豊かな国際感覚を磨くことを通じて、人類が直面している種々の問題に積極的に取り組んでいこうという気概をもった皆さんが、経済・経営学科に興味をもち、入学されることを期待しています。
 そのために高校では、基礎的科目としての国語・数学・外国語の諸科目をしっかりと勉強するだけでなく、地歴・公民の諸科目をできるだけ満遍なく学習することが重要です。また理科の諸科目も経済発展と密接不可分な科学・技術を理解するために学習することが求められます。

入学者選抜の基本方針(入学要件、選抜方式、選抜基準等)

 選抜方法は以下のとおりです。一般入試の前期日程の試験では、大学入試センター試験と個別学力検査を課しており、個別学力検査では、国語・数学・外国語を課しています。一般入試の後期日程試験では、大学入試センター試験と、小論文試験を課しています。小論文試験では、英文を主とする出題によって、英語の学力及び社会・文化に関する理解力と思考力をみます。

最終更新日:2015年12月7日

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る