入試・入学

Study

アドミッションポリシー

経済学部

経済工学科

経済工学科 Department of Economic Engineering

教育理念

 現代の経済はグローバル化が進展し、相互依存関係が強まる中、将来に対する不確実性の度合いが増してきています。加えて日本では少子・高齢化や財政赤字など解決困難な課題が山積しています。こうした状況の下で社会、経済の問題に取り組むには、新しい理論を学び、数量面を中心に実証的な方法を取り入れ、現実経済の動きとの関係を検証していくことや、情報技術を活用するなどの工学的な方法による幅広いアプローチが求められています。
 本学科では、社会、経済の諸問題をまず理論的枠組みで分析し、その結果を数量分析の方法に基づいて多方面から検討・評価することによって、望ましい政策や戦略を立案し、現実へフィードバックする方法の習得に教育の重点を置いています。経済工学科は全国でも唯一であり、理論分析、数量分析、政策分析に関する体系的な教育内容が実践的である点に特徴があり、理論から応用まで一体として学ぶことのできる学科です。文系や理系といった既成の枠にとらわれることなく自由で創造的な発想に基づき、社会・経済問題の解決に向け、積極的に取り組む国際的に活躍できる人材を育成していきます。

教育プログラム

 本学科は、少数の必修基本科目群とそれを多方面に応用・発展させた先端的な内容を含む専門科目群から構成されています。最初の1年は幅広い教養を身に付けるための基幹教育科目を学習し、2年次からは専門教育が中心となります。2年次終了までに学習する専門基本科目は次のものです。

  基本科目:ミクロ経済学、マクロ経済学、計量経済学Ⅰ・Ⅱ、情報処理Ⅰ・Ⅱ、数理統計学、
      会計学Ⅰ・Ⅱ、経済史Ⅰ・Ⅱ、経営学Ⅰ・Ⅱ

 3年次からの専門科目は、経済システム解析、政策分析、数理情報の3分野に大別されます。経済システム解析の分野は、問題をマクロ経済、ミクロ経済レベルで最先端の経済理論や数量的手法を用いて分析しようとするものであり、政策分析の分野は、金融、財政、社会保障など多様な経済問題に関する政策を分析・評価するための基礎知識と手法を学び、新たな政策提言を行うという課題を担っています。数理情報の分野では、経済分析のための統計的、数学的基礎、大量の情報を管理し処理するための数学的な基礎知識と、コンピュータの基礎と応用について学びます。少人数の演習によってこれらの専門分野のいずれかをさらに深く学習します。最後に、大学院への進学を奨めるために、学部4年生を対象に大学院開講科目の一部を「学部特別専門科目」として学部に開放しています。ここで修得した単位は、大学院に進学した場合は、大学院の単位として認められます。

求める学生像(求める能力、適性等)

 以上のように経済工学科では、最先端の内容を含む経済理論、数量、情報科学の方法を活用して分析を進め、これらの結果を評価し、社会、経済における政策や戦略に応用、実践できる人材の育成を目指しています。このため経済学の勉学の土台となる国語力、社会に関する一般的基礎知識、数学(微積分、確率・統計、行列などは大学で経済学を学ぶ際、特に重要ですが、受験のためには所定の数学を満遍なく学習する必要があります)をはじめとする数理的知識、また、現代社会に対する多様な関心、好奇心を持つ学生の受け入れを重視します。

入学者選抜の基本方針(入学要件、選抜方式、選抜基準等)

 経済工学科の一般入試は、前期・後期日程とも「文理融合型」の独自の方式を採用しております。一般入試の前期日程の試験では、大学入試センター試験と個別学力検査を課しており、個別学力検査では、国語・数学・外国語を課しています。一般入試の後期日程の試験では、大学入試センター試験と小論文試験を課しています。小論文試験では、数学的思考力をみます。

最終更新日:2016年2月29日

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る