入試・入学

Study

アドミッションポリシー

生物資源環境科学府

生命機能科学専攻

Department of Bioscience and Biotechnology

アドミッションポリシー

 複雑な生命現象の発現と調節に係る機能素子の作用機構の解明とデザイン、細胞内ネットワ-クシステムの構成要素(分子)間の相互作用の解明、有用微生物やバイオマスの機能を利用した持続型・低環境負荷型有用物質生産技術の確立、食の機能性・安全性・製造技術など総合科学としての食科学に関する広範な専門知識と総合力、深い洞察力および豊かな創造力を養うことを教育目標とする。生物機能分子とそのシステム、生物機能の工学的応用、および食科学に強い関心を持ち、それらの分野を取り巻く課題に果敢に挑戦しようとする強い意欲をもった人物を期待する。

カリキュラムポリシー

 複雑な生命現象の発現と調節に係る機能素子の作用機構の解明とデザイン、細胞内ネットワ-クシステムの構成要素(分子)間の相互作用の解明、有用微生物やバイオマスの機能を利用した持続型・低環境負荷型有用物質生産技術の確立、食の機能性・安全性・製造技術など総合科学としての食科学を修得させるために必要となる授業科目を体系的に編成し、専攻内の各教育コースの分担・連携と複数指導教員制の下、重層的な教育を行う。

ディプロマポリシー

 複雑な生命現象の発現と調節に係る機能素子の作用機構の解明とデザイン、細胞内ネットワ-クシステムの構成要素(分子)間の相互作用の解明、有用微生物やバイオマスの機能を利用した持続型・低環境負荷型有用物質生産技術の確立、食の機能性・安全性・製造技術など総合科学としての食科学を修得させ、生物機能分子とそのシステム、生物機能の工学的応用、および食科学の発展に携わる人材を組織的に養成する。

最終更新日:2015年12月11日

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る