入試・入学

Study

アドミッションポリシー

生物資源環境科学府

資源生物科学専攻

Department of Bioresource Sciences

アドミッションポリシー

 人類に課せられた最重要課題の一つである食料問題の克服を基本理念として、陸圏、水圏を包括した食料資源生物の持続的安定供給、革新的生産技術、保護管理および資源生物生存環境の保全を目指し、分子・細胞から生態系にまで至る幅広い専門知識と先端的技術、深い洞察力および豊かな創造性を併せ持つ人材を体系的、組織的に育成することを教育目標とする。生命の営みや生物生産の仕組みに関心をもち、将来、食料問題の解決や、生物生産を支える豊かな環境の創造に挑戦しようとする意欲をもった人物を期待する。

カリキュラムポリシー

 食料資源生物の持続的安定供給、革新的生産技術、保護管理および資源生物生存環境の保全に関する深い理解と高い洞察力、優れた研究・開発能力を有する人材を育成するため、基礎、先端及び実践の視点から授業科目を体系的に編成し、専攻内の各研究分野の分担・連携と複数指導教員制の下、重層的な教育を行う。

ディプロマポリシー

 本専攻は、陸圏、水圏を包括した食料資源生物の持続的安定供給のための生産技術や資源生物生存環境の保全に関する幅広い専攻教育を行い、地球規模での食料問題と環境問題の解決に貢献できる創造性に優れた研究者と視野の広い高度職業人を組織的に養成する。

最終更新日:2015年12月11日

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る