入試・入学

Study

アドミッションポリシー

芸術工学府

芸術工学専攻環境・遺産デザインコース

環境・遺産デザインコース

教育理念

私たちの身の回りの環境は、現在という一時点だけのものではなく、過去から受け継ぎ未来へと手渡していく資産=「環境・遺産」です。本コースは、このような「環境・遺産」の価値を、自然と文化の持続性・多様性から学び、これらを尊重しつつ、未来の地域と生活を創造していくデザイン能力の養成を目的とします。環境・遺産デザインが、人間の様々な営みの生態的・空間的な調和を目指すと同時に、時間的な視野を持ち、持続可能な環境を目指すサステナブル・デザインとして行われるべきであるとの理念に基づき、次のような能力の養成を行います。

    1. 過去から受け継ぐ環境・遺産を評価し保全・活用できる能力
    2. 環境・遺産をマネジメントできる能力
    3. 未来へと手渡す環境の価値を技術によって向上・創生できる能力

     

    人材育成(教育)方針(カリキュラム・ポリシー)

    本コースでは、下記のような観点で人材の育成を行っています。

    1. 豊富な国内外の地域をフィールドとした実践的な教育を展開し、多様な環境・遺産の価値評価能力を持ち、環境・遺産デザインの国際ネットワークを支える人材を育成します。
    2. 環境・遺産の価値を評価・保護・継承するための専門性と将来の遺産となるべき建築・景観・社会システムをデザインする専門性を修得させ、環境・遺産マネジメントを支える人材を育成します。
    3. 人間と環境の関係をふまえたサステナブル・デザインを可能とする安全性・健康性・機能性・快適性を実現する技術を修得させ、空間的な調和と時間的な視野を持って環境デザインを支える人材を育成します。

    求める入学者像(アドミッション・ポリシー)

    1. 環境・遺産デザインコースの教育を受けるための基礎学力を持っていること。
    2. 環境・遺産デザインに関連する専門分野に関心と理解があること。
    3. 主体的な勉学と自己啓発に積極的であり、高い倫理意識を有していること。
    4. 環境・遺産デザインを基礎とした高度職業人・研究者・指導者等を目指していること。

    学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

    1. 国内外の地域をフィールドとした実践的な教育を体験することによって、多様な環境・遺産の価値評価能力を持ち、環境・遺産デザインの国際ネットワークを支える人材となる高度な能力を身に付ける。
    2. 環境・遺産の価値を評価・保護・継承するための専門性と将来の遺産となるべき建築・景観・社会システムをデザインする専門性を修得し、環境・遺産マネジメントを支える人材となる高度な能力を身に付ける。
    3. 人間と環境の関係をふまえたサステナブル・デザインを可能とする安全性・健康性・機能性・快適性を実現する技術を修得し、空間的な調和と時間的な視野を持って環境デザインを支える人材となる高度な能力を身に付ける。
    4. 上記の各分野における調査・分析・考察・計画・設計・提案等を行うための高度の総合的な研究能力とデザイン能力を身に付ける。これにより、本プログラム修了後には、大学・研究所・博物館等の研究職、建築・造園・都市計画・文化振興・環境政策等の行政職、まちづくり・むらおこし等のプランナー、遺産保護・遺産修復等のマネージャー、建築・造園・景観等のデザイナー、建築・造園等のエンジニア等の幅広い職種において、将来の遺産を創造する環境・遺産デザイナーとして活躍できる人材となる。
    5. さらに、博士課程修了後には、国内外において環境・遺産デザイン分野における指導的役割を果たし、大学や研究所等において新たな人材の育成も担うことができるような、国際的水準の卓越した教育研究能力を持つ環境・遺産デザイナーとなることが、最終的な到達目標である。

    最終更新日:2017年2月17日

    このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る