入試・入学

Study

アドミッションポリシー

経済学府

経済工学専攻 Department of Economic Engineering

教育理念

 経済工学専攻は、複雑化・不確実性の度合いを強めつつ進化する現代社会の創造的発展を担いうる研究者及び高度専門職業人の養成を目標としています。
 教育・研究上の特徴は、第1に、高度な理論的・計量的分析の手法を開発・使用して、経済問題を科学的に解明し、先端的研究領域における革新的・独創的な研究を切り開く創造的能力を身につけられる点にあります。第2に、経済と政治が複雑に絡み合っている生きた経済社会に対する現実感覚にもとづいて政策課題を認識し、課題の研究を分析ツールにフィード・バックしつつあらたに構想するという手法を学習できること、第3に、経済・経営問題に関する高度かつ最新の数理・情報解析の手法を開発・活用する能力等を修得できることです。

教育プログラム

 本専攻の教育理念を達成するため、経済システム解析講座、政策分析講座、数理情報講座の3つの大講座を設置しています。
 経済システム解析講座では、数理的手法を用いてマクロ経済、ミクロ経済レベルでの諸問題を理論、実証の両面から分析します。ミクロ経済分析、情報の経済分析、経済モデル解析、マクロ経済分析、計量経済学、マクロ数量分析とから成り立ち、理論モデルを構築して、それをもとに現実問題の解決策を構想します。現代的な課題である公共政策、情報、環境、開発経済、景気変動等の理論的、実証的研究が展開されています。
 政策分析講座では、多様な経済問題に関する政策を分析し評価するための知識と手法を学び、新たに提言することが課題です。中心的なテーマは、市場による調整と公的な介入をどのようにバランスさせるか、効率と公正の両立等、財政、金融をはじめ雇用、福祉といった経済政策に直接結びついたものから、企業、政府及び政治のガバナンスの問題等も含む広範囲なものです。 数理情報講座では、経済分析のための数学的手法、数理計画法と最適化の関連分野、経済・経営データの解析手法、数理ファイナンス等のための確率・統計理論とその応用、情報処理・管理のためのコンピュータ技術など、数理的理論や情報処理手法の研究が精力的に進められています。
 修士課程では、下記の基本科目(各2単位、6単位以上)、各講座が提供する専門科目、修士論文指導(8単位)を履修し、30単位以上を修得します。また、研究報告、討論を実践的に行うリサーチ・ワークショップも開講されています。

 基本科目 ミクロ経済学Ⅰ、ミクロ経済学Ⅱ、マクロ経済学、計量分析、応用数理Ⅰ、応用数理Ⅱ、計算基礎

 博士後期課程では、3名の教員からなる論文指導委員会が設置され、学位論文作成の指導を受けます。博士論文指導(4単位)、専門科目、リサーチ・ワークショップから8単位以上を修得し、博士学位論文を作成します。

求める学生像(求める能力・適性等)

 経済工学専攻では、数理的思考、数量、情報科学の方法を活用して分析を進め、これらの結果を評価し、政策的に応用、展開することに関する研究を行っています。そのため、専門領域の基礎知識を身につけ、それをさらに発展させて専門性を深めることを志向することが必要です。また、経済現象に対する関心と探究心、研究に対する意欲、主体的取り組みを期待しています。

入学者選抜の基本方針(入学要件、選抜方式、選抜基準等)

 修士課程では、研究遂行上必要な専門科目の能力と英語力を審査します。入学試験では、専門科目(ミクロ経済学、マクロ経済学、計量経済学、経済数学、情報管理から1科目)、第一外国語(英語)、第二外国語(英語(数学で代替可))を課しています。TOEFLの2年以内の点数が550点以上であれば、そのスコアで外国語全体を代替することができます。
 博士後期課程では、英語の能力に加えて、修士の学位論文またはこれに代わる論文の論文審査、提出論文と研究計画書に基づく口頭試問によって研究能力を審査します。
 これら一般選抜の他、社会人を対象とする社会人特別選抜、国費留学生と指定校の推薦を対象とする外国人留学生特別選抜、大学3年次在学生を対象とする特別選抜(修士課程のみ)を行っています。

最終更新日:2016年2月10日

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る