入試・入学

Study

アドミッションポリシー

経済学府

産業マネジメント専攻

産業マネジメント専攻 Department of Business and Technology Management

教育理念

 本専攻は、高度専門職業人として新しい産業社会のフロンティアを切り開く先端的な経営能力をもつ人材を養成することを目的としています。特に本プログラムの特色とするアジア・ビジネスと技術経営(MOT)の分野においては、専門的な知識とスキルと考え方を修得し、ビジネスで活用する能力を涵養することを目指します。

教育プログラム

 本専攻の教育課程は、専門職学位課程第2条の「専門職学位課程は、高度の専門性が求められる職業を担うための深い学識及び卓越した能力を培うことを目的とする」に沿って、経営専門職に求められる知識、能力を修得させるための科目により編成されています。また、「経営と産業技術を理解し、アジアで活躍できる国際的なビジネス・プロフェッショナル」を育成すべき人材像としており、そのカリキュラムは、経営専門職育成のためのマネジメント関連基礎科目(MBAベーシックス)を土台として、「ビジネスの戦略マネジメントに関する科目群」と「産業・技術のマネジメントに関する科目群」により構成されています。
実社会において高度な専門性が求められる職業を担うための深い学識および卓越した能力を培うべく、「学びを仕事に活かし、仕事を学びに活かす」をモットーに、高度職業人養成のための体系的なプログラムが組まれています。

求める学生像(求める能力・適性等)

 先端的なビジネスや産業技術の知識と高度なアドミニストレーション能力をもとに、企業のグローバルな展開を主体的に担い、新時代の産業社会を切り拓いてゆくビジネス・プロフェッショナルの養成に向けて、ビジネスの実践的知への旺盛な学習意欲を持ち、ビジネスのフロンティアに立つ意志と行動力にあふれた社会人を選抜します。
同時に、異質な視野や知識が相互交流によって新しい知識が生まれることを企図して、幅広い社会体験を持つ日本人のみならず外国人、留学生、学部等から直接進学する者若干名を受け入れています。これによってアジアで活躍できることを始めとする国際的な人材育成をめざし、かつ実務経験を持たない進学者に、社会人との交流を通じてビジネスに求められる実践的な知のあり方を知り、マネジメントのセンスを涵養するための教育機会を提供します。

入学者選抜の基本方針(入学要件、選抜方式、選抜基準等)

 選抜においては、書類審査と面接を重視し、公平性・透明性を確保しています。
一般選抜と特別選抜の2つの方法で、選抜を行います。
一般選抜においては、出願時に企業・官公庁等において2年以上の実務経験を有する社会人又は出願時に大学または大学院に在学する者を対象として、第1次試験では出願書類による審査により学習能力、学習意欲、将来性等を精査します。第2次試験(第1次試験合格者のみ)では、 日本語での口頭試問による審査として、資質、将来性、意欲、語学力(外国籍の者)等を精査します。また英語能力を証明する書類の未提出者には、英語授業への適性を審査します。選抜に当たっては、個々の能力に加えて教育効果を高めるための多様性、国際性の確保も判断基準に加えます。
特別選抜では、MOTやアジア・ビジネスの分野における高い潜在能力を有する学生を選抜する目的で、以下3つの要件を満たす者を対象として、出願書類による審査と日本語での口頭試問による審査を行い、英語能力を証明する書類の未提出者は、英語授業への適性を審査します。

  • 出願時に企業・官公庁等において5年以上の実務経験を有する社会人
  • 出願時に「技術経営(MOT)」又は「アジア・ビジネス」に関連する業務に従事していること
  • 勤務先代表者又はそれに準ずる役職者(人事部長など)からの推薦状があること

最終更新日:2015年12月7日

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る