入試・入学

Study

アドミッションポリシー

工学府

地球資源システム工学専攻

地球資源システム工学専攻 Department of Earth Resources Engineering

アドミッションポリシー

 地球資源システム工学は、あらゆる産業活動の基盤と社会生活を支えるエネルギー資源と鉱物資源の持続可能な環境適応型の探査・開発・生産技術、さらに資源循環・防災に関する独創的な技術の創生を目指す学問です。本専攻では国際的に展開される地下資源の探査・開発・供給、国内外における自然災害の防止技術の開発や地球環境への負荷を軽減する諸技術の開発を担う21世紀の地球資源システムに関する、地球規模での発想能力と創造力を兼ね備えた研究者・技術者・教育者を育成することを目的としています。
そのため本専攻では、地球資源システムに関する深い理解とそれを国内外に広く展開することを目指す、意欲を持った学生を求めています。地球資源システム工学に関する基礎的知識を十分備え、かつ、国際的な展開に耐えうる十分な語学力を持つことを選抜の基本としつつ、地球環境との共存を前提とした地下資源の探査・開発・利用、資源のリサイクル、地球環境修復など新たな観点からの資源および環境に対して積極的に取り組む意欲のある学生の選抜を目指しています。

カリキュラムポリシー

 地球資源システム工学は、持続可能な社会と産業活動の基盤となるエネルギー資源と鉱物資源の探査・開発生産・利用・循環、さらに環境修復・地殻防災・地球環境保全技術などを総合的に扱う学問です。本専攻では、これらの創造的技術に関する教育研究を通じて、地球規模での発想力と行動力を備えた研究者・技術者・教育者を組織的に養成します。
 このため本専攻の教育プログラムの学習・教育目標を次のように設定しています。
【人間性の育成】研究者・技術者・教育者である前に一社会人として、人間性豊かな人材を育成します。
【技術者倫理】地球的規模での資源・環境・防災問題の社会的意義とその重要性をよく理解し、研究者・技術者・教育者としての正義感と責任感を身につけます。
【工学的応用学力】 研究者・技術者・教育者として多面的に物事を思考する能力を養うための高度な知識を習得し、幅広い知識と総合的な素養を身につけます。
【高度専門学力】地球資源システムに関する研究者・技術者として必要な高度な能力を身につけます。
【課題探求・解決能力】地球資源システムのメカニズムを理解し、科学的に分析する能力を養うと共に、課題を探求し、その問題点を解決する思考能力や創造性を身につけます。
【コミュニケーション能力】日本語および英語による論理的な記述や口頭発表および討議のできる能力を育成します。
【持続学習能力】実験・解析・調査・分析等の計画立案、遂行、論文・報告書へのまとめ等、一連のプロセスを、自主的、継続的に学習できる能力を身につけます。
【マネージメント能力】同上の一連のプロセスを、専門知識・技術を総動員して遂行するマネージメント能力を身につけます。
【国際性】アジアをはじめ世界の異文化を理解尊重し、地球的視点にたって、地球システムに関する開発、環境保全と人類の平和・発展に貢献できるような国際性を身につけます。
【リーダーシップ】わが国の発展に貢献してきた本専攻の伝統を誇りとし、今後も社会においてリーダーシップを取るべき自覚と能力を身につけます。

最終更新日:2015年12月7日

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る