入試・入学

Study

アドミッションポリシー

工学府

建設システム工学専攻

アドミッションポリシー

 建設システム工学は、構造物の設計・建設技術の高度な技術体系への展開、深刻化する防災問題に対して従来の技術を超えた社会基盤システムの再構築を行う学問です。本専攻での就学を目指す学生には、次のことが期待されます。

  • 構造工学、建設材料学、地盤工学に関する科学的基礎知識を身につけていること
  • 技術者・研究者に必要な一定の教養・倫理観を身につけていること
  • 積極的に学習を進めることができる意欲・自主性があること
  • 国際社会に対応するために必要な語学的素養を身につけていること

カリキュラムポリシー

 建設システム工学専攻では、社会基盤施設に用いられる高性能建設材料、施設の構造強度・耐久性の設計と維持管理、地盤の強度や改良・補強技術、地圏環境(地表および地下)の利用・評価、防災システムなどを含めた建設システム工学に関する総合的な教育と研究を行い、将来の社会基盤を支える技術者・研究者・教育者を組織的に養成します。本専攻では、この目標を達成するために以下のような教育を行います。

  • 体系化された基礎から応用にわたる高度な専門教育
  • 産官学連携によるインターンシップ、TA・RA制度等の活用による実践的教育
  • 国際性を重視した教育

最終更新日:2016年2月23日

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る