入試・入学

Study

アドミッションポリシー

工学府

機械工学専攻

Department of Machanical Engineering

アドミッションポリシー

 重工業や鉄鋼、自動車、電気、精密機械、医用分野など幅広い産業の分野での活躍を目指す学生や、機械工学関連の研究者を目指す学生を求めています。機械工学の基盤となる学科目を修得しており、数学や英語にも長けている学生を求めています。機械やものづくり、ひいては機械工学に興味があり、発見することやわかることに喜びを覚え、探究心、創造性、積極性、忍耐力に富む学生を強く希望します。

カリキュラムポリシー

 本専攻は、細分化・高度化される一方で学際化されつつある機械工学の分野において、高度技術者さらには研究者の育成の場として、多面的・複合的視野をもって積極的に新しい分野に挑戦する人材、および高度化した専門分野の現象解明や応用技術開発に対応できる知識と知能を持つ人材を育成します。
 そのために、

   材料力学、機械力学、流体力学、熱工学、設計工学、燃焼学、制御システム、機械加工および生体工学などの基礎知識に根をおろしたカリキュラムを組んでいます。 各学問分野における基本である高等専門科目、先端的・学際的内容の先端科目、研究力向上などをめざす能力開発科目を設けています。 実践教育を重んじ修士および博士論文作成のための十分な時間を設定して、社会の要請に応え得るカリキュラムを編成しています。

最終更新日:2016年3月15日

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る