入試・入学

Study

アドミッションポリシー

システム情報科学府

情報知能工学専攻

情報知能工学専攻 Department of Advanced Information Technology

ディプロマポリシー

情報知能工学専攻修士課程では、知的情報システム工学コースおよび社会情報システム工学コースを設けています。
知的情報システム工学コースでは、計算機技術を基礎として、高度ハードウェア、高度ソフトウェア、情報通信技術、実世界情報処理技術に関する専門知識を修得させ、国際的な視野を持ち、高度情報化社会のための先端技術を開発する研究者・技術者を養成します。
ところで、高度情報化社会の基礎となる情報通信技術が目覚しい速度で進展し、社会生活やあらゆる産業分野に大きな変革を引き起こしつつある一方で、次世代を担う優秀な情報技術者の不足が深刻な問題となっています。そこで社会情報システム工学コースでは、このような社会的要請に応えるために、情報通信技術の社会的位置づけに関する明確な理解の下に高度な技術を修得し、なおかつ基本的知識と高い倫理観を兼ね備えた世界に通用するリーダー候補を養成します。
当専攻の博士後期課程では、大規模かつ複雑な高度情報化社会を支える先端情報処理機構の設計と開発を先導する高度 ICTアーキテクト、ならびに高度情報化社会を更に推し進めるための新しい研究分野を開拓できるICT フロンティア研究者を養成します。前者のために、情報知能工学に関する先端技術の研究・開発能力に加え、産業界へのインターンシップや共同研究等を通した実践力の強化を行います。また後者のために、プロジェクト型演習や国内外の研究教育機関におけるアカデミアインターンシップを導入することにより、高い基礎力と広い視野を養い、新しい分野を開拓する能力を養います。

カリキュラムポリシー

知的情報システム工学コースのカリキュラムでは、単位数を国際的水準に設定しており、教育の質の保証を図っています。コア科目(基礎科目)においては、これまでの講義形式と実験・実習を組み合わせた新しい授業を制度化しており、知的情報システムに関する実践的な知識の体得が可能となっています。また、情報学専攻やシステム生命学府などにおける科目を拡充科目として受講することで、情報の理論的基礎の習得や生命現象の情報科学的理解が可能となっており、社会の多様な要請に対応するための知識増強を図ることができます。
社会情報システム工学コースのカリキュラムでは、単位数を国際的水準に設定し、教育の国際的なレベルでの質の保証を図った上で、先端的な実践教育プログラムを実行します。具体的には、産学連携によるPBL (Project Based Learning)を始めとした実践的講義・演習を通し、実社会で必要とされる技術及びその基盤となる知識体系の習得の必要性を実感してもらいます。これにより、実社会を先導するリーダーにとって必要不可欠な「自律的に考え、学び、行動する能力」を育成します。
また、博士後期課程のカリキュラムには、次の3つの特徴があります。

   産業界および国内外の研究機関へのインターンシップならびにプロジェクト型演習により、基礎力と実践力の強化を図ります。
複数の教員による、より広い視点からの指導体制の確立および複数のチェックポイントを設けた進捗状況管理を実施します。
学内外の専門家によるアドバイザリ委員会による達成度評価および多角的な支援を行います。

アドミッションポリシー

知的情報システム工学コースでは、基礎的な数学と情報科学・計算機工学に関する学力を持つと共に、以下のような志を持った学生を受け入れます。

   先端技術の研究開発を通じて高度情報化社会実現に貢献する志を持った学生
数学などの基礎理論と専門知識の両方の習得を目指した学生
思考による理解だけでなく、技術の実践的体得にも積極的な学生

 

社会情報システム工学コースでは、計算機工学と計算機科学に関する基礎的な学力を持つと共に、以下のような志を持った学生を受け入れます。

   安全・安心・幸福感のもてる、これからの新しい社会情報システムの構築に対する気概を持った学生
ICT(Information and Communication Technology)アーキテクトに対する強い志を有する学生
自律的に考え、行動する意欲のある学生

 

また、博士後期課程では、数学などの基礎理論および当該分野の専門知識に精通し、かつ、以下のような志を持った学生を受け入れます。

   国際性・創造性・自主性に富んだ提案型・問題発見型の技術者・研究者を目指す学生
社会や産業界の強い要請に応え、将来の高度情報化社会を担うリーダーを目指す学生
産学官交流・研究者間交流に積極的に参画し、自己の持つ研究開発能力を一層高めることを目指す学生

最終更新日:2016年2月29日

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る