入試・入学

Study

アドミッションポリシー

システム情報科学府

情報学専攻

情報学専攻 Department of Informatics

ディプロマポリシー

 情報学専攻では、自然や社会・人間にかかわる様々な「情報」現象の性質を、形式と意味内容の両面から究明する新しい基礎科学である情報学を体系的に教育研究することによって、将来にわたって情報通信技術の基盤を支え情報学における新たなビジョンを示すことのできる研究者・技術者・教育者を組織的に養成します。

カリキュラムポリシー

情報学専攻では、情報学の新しい視点と方法論の開拓およびその発展の基礎を築くことを目標に、数理情報・知能科学・計算科学を三つの柱として、情報現象に関わる数理モデルの構築と解析、人間の知性や行動の科学的究明及び人間の知的活動支援基盤技術、並列アルゴリズムや高精度計算などについて、教育研究を行います。
修士課程においては、コア科目によって情報学の基礎を体系的に修得させ、アドバンス科目によって情報学の各分野における世界最先端の研究動向を興味深く学習できるよう配慮しています。また、システム情報科学府内の他2専攻、あるいは数理学府・システム生命学府などにおける科目の単位修得を義務付けることによって、社会の多様な要請に対応するために幅広い知識を修得できるよう配慮しています。
博士後期課程においては、情報学に関する最先端の研究・開発能力の修得に加え、企業や大学等へのインターンシップや共同研究等を通じて高い基礎力と広い視野を獲得させ、新しい分野を開拓する力を養います。

アドミッションポリシー

情報学専攻では、本専攻の理念を深く理解し、それに沿って研究を実践できる学生を求めます。具体的には、次のような学生の入学を希望します。

    応用を常に意識して基礎理論の研究に取り組む学生。
基礎理論を踏まえた応用研究ができる学生。
新しい分野に挑戦していく勇気のある学生。
粘り強く研究を推進していく学生。

最終更新日:2016年2月29日

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る