入試・入学

Study

アドミッションポリシー

医学系学府

医学専攻

1955 昭和30年4月 九州大学大学院医学研究科設置
1986 昭和61年4月 医学研究科は医学系研究科となる。
          (分子医学系専攻博士課程及び分子生命科学系専攻博士課程増設)
1997 平成9年4月  医学系研究科に機能制御医学専攻・生殖発達医学専攻開設
1998 平成10年4月 医学系研究科に病態医学専攻・臓器機能医学専攻開設
1999 平成11年4月 医学系研究科に分子常態医学専攻・環境社会医学専攻開設
2000 平成12年4月 医学系研究科を廃止し、医学系学府(大学院教育組織)及び
          医学研究院(大学院研究組織)を設置
2004 平成16年4月 九州大学は国立大学法人九州大学が設置する大学となる。
2008 平成20年4月 機能制御医学専攻・生殖発達医学専攻・病態医学専攻・臓器機能医学専攻・
          分子常態医学専攻・環境社会医学専攻の6専攻を医学専攻の単一専攻に変更し、
          5つの教育コースを導入した。

教育理念

教育理念・目標
 現代医学が生命科学の基盤の上に基礎医学、社会医学、臨床医学、さらにこれらと薬学、理学、工学、農学、保健科学等の分野が融合した領域を含んだ学際的な学問となっており、この最先端の医学を学ぶ機会を、幅広い分野からの知の希求者に提供し、さらに現在から未来の医学を創造し推進出来る人材を育成していき、社会へ還元することを本課程の目標とします。

養成する人材像
 本専攻の研究教育目標を効率よく達成するため特定の領域に偏ることなく、社会の多様なニーズに対応でき、かつ国際的な水準の研究を推進する事が出来る人材を輩出することを目標とします。

修了認定・学位授与に関する方針
 論文のみの審査ではなく、在学期間中に学んだことを正確に把握するため、平成19年度からおそらく日本では初めての試みと思われるポートフォリオを導入し、論文のみの評価から学術活動の総合的評価に移行し、学習指導と成績評価を適正化します。
 4年以上在籍し、指定の授業科目から各教育コースの必要単位【基礎医学研究者養成コース36単位以上、バイオメディカルリサーチコース36単位以上、臨床研究専門教育コース44単位以上、がん専門医師養成科目(臨床腫瘍医師養成コース59単位以上、放射線腫瘍医師養成コース50単位以上)、生活習慣病研究教育コース36単位以上】を修得し、必要な研究指導を受けた上、研究課題についての研究成果として投稿論文により審査及び最終試験に合格することとします。

教育プログラム

教育課程の特色、内容・方法
 ①臨床研究に従事する可能性のある学生を対象に1年間で学べる臨床研究専門教育コースを設け、講義だけでなく、グループワーク、演習、見学など、体験を重視した実践的教育を行います。②歴史教育と倫理教育を徹底します。③大学院修了後、速やかに自立できる基礎研究者の養成システムを強化します。

研究指導体制
 学生のモチベーションと出身学部において修得した知識・技術を重視し、学生が希望する研究室の指導教員が決定します。また、学生の研究内容によっては配属教室以外の指導教員が指導を行うこともあります。

修了要件、成績評価基準・評価方法等
 論文のみの審査ではなく、在学期間中に学んだことを正確に把握するため、平成19年度からおそらく日本では初めの試みと思われるポートフォリオを導入し、論文のみの評価から学術活動の総合的評価に移行し、学習指導と成績評価を適正化します。
 教育の目的に応じた成績評価基準や修了認定基準が策定され、シラバス、新入生説明会等で周知しています。なお、平成19年度からポートフォリオを導入し、論文の評価と同時に、日々の学習到達度や様々な角度からの評価等、学術活動の全てについて総合的な評価を行います。

求める学生像(求める能力・適性等)

 本専攻では、世界的見地から人類の健康と福祉に貢献出来る人材、ならびに世界をリードする医学研究者を養成することを目指しています。したがって、生命科学に対する情熱と明確な問題意識を持っており、また倫理性に加えて、科学的エビデンスを分析出来る論理的な思考力を持っていることが求められます。

入学者選抜の基本方針(入学要件、選抜方式、選抜基準等)

 基本的に18年の修学期間が必要です。その要件を満たさない場合は事前審査で出願が認められる場合もあります。選抜方法としては、一般選抜・社会人特別選抜・外国人留学生特別選抜からなります。選抜基準としては、英語、専門試験、面接からなり総合的に選抜を行います。

最終更新日:2015年12月11日

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る