入試・入学

Study

アドミッションポリシー

医学系学府

医療経営・管理学専攻

Department of Health Care Administration and Management

2001 平成13年4月 大学院医学系学府に医療経営・管理学専攻修士課程(専門大学院)設置
2003 平成15年4月 学校教育法の改正により、大学院医学系学府医療経営・管理修士課程
          (専門大学院)は、同(専門職大学院)となる。
2004 平成16年4月 九州大学は国立大学法人九州大学が設置する大学となる。

教育理念

教育理念・目標
 医学研究院の主な目的である「医学・医療領域の人材育成を通じて、国際社会ならびに地域社会に貢献すること」ならびに「生命科学研究の進歩を理解し、世界的見地から人類の健康と福祉に貢献できる研究者及び専門医師に必要な基礎知識の習得を図ること」に沿って、 医学と多くの他分野の知識と経験を融合し、かつ統合することにより、「人の健康と福祉の増進」という医学の使命をさらに高いレベルで達成するための多様な人材を育成します。

養成する人材像
 専門化した医療技術を、人々が「安心・納得・一体感」をもって享受し、人生を過ごせるよう統合・調整・組織化できる高度な専門職業人の育成を目的としている。

修了認定・学位授与に関する方針
 医系学生、非医系学生ともに、2年以上在籍し、指定の授業科目から30単位以上を修得し、かつ、必要な研究指導を受けること。

教育プログラム

教育課程の特色、内容・方法
 疫学・生物統計学等を基盤に欧米の公衆衛生大学院の中核科目である医療政策・医療経営・医療管理の分野に、新たに医療コミュニケーションの分野を加えて構成し、医療・保険に関する幅広い問題について特色ある総合的な教育を行うため、次の編成方針でカリキュラムを編成する。
①専門職大学院の理念を踏まえる。
②医学・医療に関する基礎知識の上に立って専門教育を行う。
③学術研究に基づく研究体制を基盤に、極めて実践的な教育を行うため、大学教員と実務経験者の教員の授業を組み合わせて行う。
④ケーススタディ、討議、現地調査を多く取り入れた実践的内容の授業を実施する。
 授業の方法・内容、1年間の授業計画についてシラバスに表記し、それに沿って授業を進める。成績の評価ついては、出席率、レポート、筆記試験等により総合的に判断する。

研究指導体制
 学生の希望のコースの担当教員により指導教員が決定します。ただし、研究内容によっては他のコースの指導教員が指導を行うこともあります。

修了要件、成績評価基準・評価方法等
 授業の方法・内容、1年間の授業計画等についてシラバスに表記し、それに沿って授業を実施している。成績の評価は、出席率、レポート提出による学習到達度等を基に判断します。

求める学生像(求める能力・適性等)

 本専攻では、今日的な医療問題を解決するために、目的を明確にし、具体的に対策を組み立て、結果を評価し、改善するシステムを構築できる人材を育成することを目指しています。したがって、医療を改善する情熱や具体的な問題意識に加えて、論理的な思考力を持っていることがもとめられます。

入学者選抜の基本方針(入学要件、選抜方式、選抜基準等)

 基本的に16年の修学期間が必要です。その要件を満たさない場合は事前審査で出願が認められる場合もあります。選抜方法としては、一般選抜・医療社会人特別選抜・社会人特別選抜・外国人留学生特別選抜からなります。選抜基準としては実施時期にもよりますが、英語、小論文、学力試験(専門基礎知識)、面接からなり総合的に選抜を行います。

最終更新日:2015年12月11日

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る