入試・入学

Study

アドミッションポリシー

薬学府

創薬科学専攻

創薬科学専攻(修士課程)

教育理念
 薬学の目的は、物質の科学と生体の科学との融合深化を図るとともに、健康の維持・増進のため疾病の予防・治癒に向けた医薬の創製とその適正使用及び環境に関わる科学を体系的に探究することです。また、その探求結果を具体的な科学技術や技能として、21世紀における高度知識社会・高齢化社会へ還元することによって人類の医療・福祉に貢献することは、薬学の重要な使命でもあります。本学府の創薬科学専攻では、薬学を通じて医薬品の創製にかかわる生命科学、生体情報科学及び医薬品化学の基礎研究を推進するとともに、これら学問領域の研究者・教育者を育成することを目的とします。

養成する人材像
 人類の健康への貢献を目指し、薬学を通じて、医薬品の創製にかかわる生命科学、生体情報科学及び医薬品化学の基礎的研究を推進するとともに、これら学問領域の研究者・教育者を育成することを目的とします。

教育課程の特色、内容、方法
 生命科学の進歩とこれを基盤とする創薬科学に関する研究の発展を踏まえ、学際的志向を持ちながら、最先端の研究成果を教育活動に積極的に導入するとともに、一方で基礎的・基盤的教育に常に配慮しながら、大学院生の立場に立った教育にあたります。また、大講座制の特質を生かし専攻分野間の交流を積極的に進展させるカリキュラムを構築しました。 具体的なカリキュラムの特徴は以下のとおりです。

  1. 基礎的・基盤的教育を実施することに加え、先端研究に参画させることで、先端研究への円滑な導入と先端的研究能力の育成が可能となる。
  2. 研究領域単位でのアドバンスト科目や最先端研究を学ぶ科目を設置することにより、幅広い創薬科学領域の教育を受けることが可能となる。
  3. 大講座制の開放的環境のもと、専攻分野を超えた多くの教員によるきめ細やかな研究指導を実施することで、大学院生に対してより専門的かつ広範な視点からの研究教育が可能となる。
  4. 英語による講義や演習を設置することにより、英語での研究発表や討論能力の向上を図る。また、これらのカリキ ュラムにより、留学生に対しても、高度で先端的な教育を行うことができる。

教育指導体制
 高い研究能力を養成するため、複数指導教員の指導のもと独自のテーマについて研究を推進し、科学的思考力に基づく研究遂行能力と問題解決能力を育成します。また各種先端的研究プロジェクトへの参加・研究発表を奨励し、複数教員指導体制を通じた研究指導を実施し、関連する科目の修得を通じて将来独立した研究者として必要な種々の能力を磨き上げます。さらに海外からの招聘教員の指導により、国際的競争力のある研究者を養成します。

求める学生像(求める能力、適性等)
 本学府の創薬科学専攻では、人類の健康への貢献を目指し、薬学を通じて、医薬品の創製にかかわる生命科学、生体情報科学及び医薬品化学の基礎的研究を推進するとともに、これら学問領域の研究者・教育者を育成することを目的とします。従って、学部で取得した知識・技能・態度を活用して、薬学の使命を達成する情熱を有し、加えて論理的に問題を解決する思考力を持っていることが求められます。

入学者選抜の基本方針
 基本的に16年の修学期間が必要です。その要件を満たさない場合は事前審査で出願が認められる場合もあります。選抜方法としては、一般選抜・社会人特別選抜・外国人留学生特別選抜からなります。選抜基準としては、専門科目、英語、面接からなり総合的に選抜を行います。

創薬科学専攻(博士後期)

教育理念
 九州大学薬学府は、物質の科学と生体の科学との融合深化を図るとともに、健康の維持・増進のため疾病の予防・治癒に向けた医薬の創製及び環境に関わる科学を体系的に探究し、その成果を具体的な科学技術や技能として、21世紀における高度知識社会・高齢化社会へ還元することによって人類の医療・福祉に貢献することを基本理念としています。
 この理念に基づき、新たな「創薬科学専攻(博士後期課程)」では、幅広い知識を生かした高度融合研究を実施できる能力を備えた人材、実社会対応の課題探求・問題解決能力を備えた実践型研究を実施できる人材、国際的競争力を備えた研究者・教育者としての人材および創薬科学と臨床薬学のコラボレーションにより新研究領域を開拓できる能力を備えた人材を育成します。秋季入学制度、早期修了制度、英語による研究発表や討論の能力を高める専攻科目の開講などの制度を整備し、国内外から幅広く人材を受け入れます。

養成する人材像
 人類の健康への貢献を目指し、薬学を通じて、幅広い知識を生かした高度融合研究を実施できる能力を備えた人材、実社会対応の課題探求・問題解決能力を備えた実践型研究を実施できる人材、国際的競争力を備えた研究者・教育者としての人材および創薬科学と臨床薬学のコラボレーションにより新研究領域を開拓できる能力を備えた人材の育成を目的とします。

教育課程の特色、内容、方法
 「薬学部創薬科学科」との6年一貫教育の後段部分として位置づけ、学部専攻教育との一貫性・連動性を考慮しつつ、優れた学生の進学を奨励するための教育内容とプログラムを編成しました。さらに、修士課程の4コースを統合し、高度融合研究及び創薬科学・臨床薬学集約型研究を実践できる人材を育成します。
 高度融合創薬科学研究を展開する上で基盤となる教育内容を充実するため、「高度融合研究実験」及び「高度融合研究演習」を設置する。「高度融合研究実験」による高い研究能力を養成するため、複数指導教員の指導のもと独自のテーマについて研究を推進し、科学的思考力に基づく研究遂行能力と問題解決能力を育成します。また「高度融合研究演習」「先端研究指導実習」「先端インターンシップ実習」及び「先端科学論文発表」により高度融合研究の実践能力及び討論力を養成するため、高度融合研究実施のプロセスをテーラーメイドで指導し、効率の良い研究の進め方を体得させます。さらに創薬科学と臨床薬学の独自性を十分活かした上で、両者のコラボレーションにより新たな研究領域を開拓するために、「高度融合研究実験」や「高度融合研究演習」を基盤に、「創薬・臨床コラボ実習」などの教育プログラムを編成します。 なお、最先端の創薬研究の現場における学びの場を提供するため、学生の「システム創薬リサーチコアプログラム」、各種先端的研究プロジェクトへの参加・研究発表を奨励し、複数教員指導体制を通じた研究指導を実施し、関連する科目の修得を通じて将来独立した研究者として必要な種々の能力を磨き上げます。また海外からの招聘教員の指導により、国際的競争力のある研究者を養成します。

教育指導体制
 高い研究能力を養成するため、複数指導教員の指導のもと独自のテーマについて研究を推進し、科学的思考力に基づく研究遂行能力と問題解決能力を育成します。また各種先端的研究プロジェクトへの参加・研究発表を奨励し、複数教員指導体制を通じた研究指導を実施し、関連する科目の修得を通じて将来独立した研究者として必要な種々の能力を磨き上げます。さらに海外からの招聘教員の指導により、国際的競争力のある研究者を養成します。

求める学生像(求める能力、適性等)
 本専攻では、幅広い知識を生かした高度融合研究を実施できる能力を備えた人材、実社会対応の課題探求・問題解決能力を備えた実践型研究を実施できる人材、国際的競争力を備えた研究者・教育者としての人材および創薬科学と臨床薬学のコラボレーションにより新研究領域を開拓できる能力を備えた人材を育成します。したがって、創薬科学に対する情熱と明確な問題意識を持っており、また倫理性に加えて、科学的エビデンスを分析出来る論理的な思考力を持っていることが求められます。

入学者選抜の基本方針
 基本的に18年の修学期間が必要です。その要件を満たさない場合は事前審査で出願が認められる場合もあります。選抜方法としては、一般選抜・社会人特別選抜からなります。選抜基準としては、英語、専門試験、面接からなり総合的に選抜を行います。

最終更新日:2015年12月25日

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る