入試・入学

Study

アドミッションポリシー

人間環境学府

実践臨床心理学専攻(専門職学位課程)Department of Clinical Psychology Practice(Professional Graduate School)

養成する人材像(ディプロマポリシー)

 専門職学位修了者は、様々な臨床心理現場との連携を深めつつ種々の臨床心理現場に即応できる実践力を備えており、臨床実践の職場への就職が可能です。修了者は「臨床心理士」資格試験をすぐに受験できる条件を満たしています。

教育プログラム

教育課程の目的
 現代社会における心の問題の複雑化・多様化に対応できるような、高度の臨床心理学の知識と技術を持ったハイクオリティの臨床心理専門職業人の養成を行います。

教育課程の編成方針(カリキュラムポリシー)
 臨床心理学における高度専門職業人の養成のために、理論学習が中心となる講義・演習と経験学習が中心となる実習のバランスを考慮した科目が設定されています。特に学内附属施設および心理臨床の3大領域である医療・教育・福祉領域における学外施設での実習など実践的な教育を展開しています。また、財団法人日本臨床心理士資格認定協会による「認定臨床心理士」資格試験において、受験資格となると共に「論文試験」の免除が得られるカリキュラムとなっています。

求める学生像(アドミッションポリシー)

 様々な臨床心理現場との連携を深めつつ、種々の臨床心理現場に即応できるハイクォリティの臨床心理士を志す学生を求めています。

 入学者選抜については、公平性、開放性、多様性の確保を前提としつつ、第1章で示した教育の理念及び目的に照らして、以下に示すようなアドミッション・ポリシーを設定している。

(1)期待する資質
① 臨床心理分野の高度専門職業人を目ざす明確な動機と意欲があること
② 人間に対する深い関心と理解力を持っていること
③ 柔軟で安定した対人関係能力を持っていること
④ 人間環境に対する幅広い興味と洞察力を持っていること
⑤ 社会人としての常識と対人援助を行う専門家としての倫理意識を有すること

(2)対象
 心理系学部卒業生に限定せず、一定の臨床心理学的実務経験を持つ社会人や、一定の心理学的素養を持つ他学部の卒業生も受け入れる。また、アジアをはじめ広く各国からの留学生を積極的に受け入れる。
 社会人受入れのための具体的方策として、3年以上の臨床心理及びその近接領域の実務経験を持つ社会人に対し社会人特別入学試験を行う。

最終更新日:2019年2月6日

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る