入試・入学

Study

アドミッションポリシー

人間環境学府

行動システム専攻 Department of Behavioral and Health Sciences

養成する人材像(ディプロマポリシー)

心理学コース
 修士課程修了時点では、(1) 心理学の伝統的な専門領域、すなわち感性・知覚、認知、教授・学習、発達、人格、社会、組織、文化、心理測定・研究法に関する基礎的で幅広い知識、(2)専攻する各専門分野の高度な知識、(3)創造的に発想し、問題設定とその解明を図る研究能力、および(4)各専門分野に関連する専門家としての基本的スキルを確実に習得できていることを目指しています。そして、これらの基本的および専門的な知識や能力を生かして、社会の様々の領域において活躍できる高度専門職業人を育成します。
 博士後期課程においては、国際的な研究活動の場で研究成果を発表する能力を獲得するなど、修士課程で培った能力を伸長させるとともに、心理学に関わる博士の学位を取得し、研究者や高度専門職業人としてキャリアを伸ばしていける人材、また教員のティーチングアシスタントの経験などを積むことで、教育指導も的確に行える人材を、それぞれ育成します。

健康行動学コース
 修士課程修了時点では、人間の健康行動に関する心理学、生理学、社会学、疫学に関する幅広い知識を獲得し、これらの方法論を基礎として健康行動に関する問題設定と解決方法を習得することを目指します。ここでいう健康行動とは、個体を維持するために不可欠な身体運動・食行動、人間に特徴的な精神活動を主に対象としています。
 博士後期課程では、国際的にも活躍できる健康行動に関する主導的な役割を果たす研究者、および新たな健康行政の構築に取り組める高度専門職業人を育成します。博士号取得後も、独創的・発展性の高い研究を行い、健康行動学分野においてリーダーとなれる人材を育成します。

教育プログラム

教育課程の目的
心理学コース
 人間の心と行動、およびそれを支えるメカニズムを解明するために、実証的な方法論を基盤にして多面的かつ総合的な研究を行うとともに、それらを担う人材の育成をめざします。

健康行動学コース
 自然・文化・社会によってかたちづくられるライフスタイルが「からだ」や「こころ」に及ぼす影響を明らかにすることをめざすとともに、健康科学の実務に取り組める専門家の養成と健康環境と健康行動に関する研究・教育に携わる者の養成を行います。

教育課程の編成方針(カリキュラムポリシー)
心理学コース
 修士課程では、心理学全般の基礎を修得する必修科目に加え、感性・知覚、認知、教授・学習、発達、人格、社会、組織、文化、心理測定・研究法の心理学の伝統的領域とともに、感性情報処理や認知科学といった新規学際的な領域について講義・演習等の教育科目を設けています。また、実験、調査、観察、シミュレーションといった心理学的研究法を修得するための実習形式の授業も準備しています。さらに指導体制としては、学生個々人の関心を尊重し、その関心を最大限に伸長させるために、複数指導教員制をとるとともに、複数の教員や他の学生との共同研究も奨励し、自分の専門領域に閉じた個別研究に留ることのないように配慮しています。
 博士後期課程では、修士課程で行った研究をさらに深めて博士の学位(心理学)を速やかに取得し、それぞれの専攻分野における優れた研究者や教育指導者としてキャリアを伸ばしていくために、研究計画書作成や複数指導教員制などの履修プログラムを提供しています。

健康行動学コース
 修士課程では、健康行動を心理学、生理学、社会学、疫学の分野から総合的に捉えるためのカリキュラムを構成しています。各々の領域についての基礎的および発展的な内容の講義に加え、健康行動に関する問題設定・解決場面においてコアとなる視点や問題点を学際的に学ぶような科目を設けています。修士論文作成に当っては、複数の教員が指導教員となり、学際的な研究課題にも対応しています。
博士後期課程では、独創性の高い研究課題を設定し、適切な方法論を用いて解決し、博士論文を執筆するために、正副3名の指導教員が研究指導を行います。他領域の教員が研究指導に加わるので、専門分野以外からも研究計画・研究内容を指導する体制になっています。

求める学生像(アドミッションポリシー)

 人間の精神的・身体的活動という人間行動を研究対象とし、心理学及び健康科学で培われたアプローチを通して人間行動のしくみを解明する研究者並びに高度専門職業人を志向する学生を求めています。

最終更新日:2015年12月15日

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る