入試・入学

Study

アドミッションポリシー

人間環境学府

空間システム専攻 Department of Architecture

養成する人材像(ディプロマポリシー)

建築計画学コース
 建築は、技術、社会、歴史、文化、芸術、政治、経済、情報等の諸要件が密接に関わっています。建築を計画しデザインするには、このような多様で複雑に絡み合った条件を明確に整理・分析し、それに基づいて具体的な物理空間として形付けることが必要です。本コースでは、建築に関わる諸要素、多様な条件を整理・分析する技術、その結果に基づいて建築空間を計画・デザインする技術等の研究・教育を行います。将来的に一級建築士等の資格を取得し、建築家、建築プランナー、まちづくり専門家、官公庁等の計画および文化財技術者等として活躍する人材を養成します。
 博士後期課程では、建築計画学に関する分野において国際的に活躍できる研究者を養成します。

建築環境学コース
 建築環境学は、室内外の人間環境を建築の用途に応じてパッシブにデザインし、アクティブにコントロールする空間システム学です。本コースでは、サステイナブルな建築環境を目指して、建築に関わる音響、照明、設備、環境システム等の教育・研究を行います。将来的に一級建築士、建築設備士、技術士等の資格を取得し、国内外の環境コンサルタント、設備・環境エンジニア、設備設計者、官公庁等の技術者等として活躍する人材を養成します。
 博士後期課程では、建築環境学に関する分野において国際的に活躍できる研究者を養成します。

建築構造学コース
 建築構造学は、建築に加わる重力や、地震、台風、豪雪などの自然の驚異に対して、人々の安全を守りながら、力学的合理性を追求して美しい空間を創造する空間システム学です。本コースでは、建築に関わる構造力学、構造解析、構造設計、材料・施工等の教育・研究を行います。将来的に一級建築士、一級建築施工管理技士、技術士等の資格を取得して、構造技術者、構造デザイナー、現場管理者、官公庁等の技術者等として活躍する人材を養成します。
 博士後期課程では、建築構造学に関する分野において国際的に活躍できる研究者を養成します。

教育プログラム

教育課程の目的
建築計画学コース
 人間生活のさまざまな欲求を充足する容器であるとともに、社会活動や文化を育む環境装置でもある建築を、建築への人々のニーズと、建築から人間社会への働きかけとの両面から総合的に研究することをめざします。

建築環境学コース
 室内外の人間環境を建築の用途に応じてパッシブにデザインし、アクティブにコントロールする空間システムの構築をめざします。

建築構造学コース
 重力・地震・台風・豪雪などの外乱に対して、人々の安全を守るとともに、力学的な合理性が生み出す美しい空間を創造することをめざします。

教育課程の編成方針(カリキュラムポリシー)
 修士課程では、建築学を理論から応用まで幅広く総合的に習得できる教育プログラムを構成しています。理論を学ぶための講義を中心とした特論、学内外における実験、実習、フィールドワーク、ワークショップ等を通じて専門知識を深める演習とゼミナール、習得した技術を応用して建築空間を計画・デザインする能力を養成するためのスタジオ、そして正副2名の指導教員の下に進める特別研究があります。また、視野を広め、多様な学習目標に対応するための、学際的科目や学生主体で運営する授業科目も提供します。さらに多様な他専攻科目の履修も可能です。
 博士後期課程では、学生の研究分野に関する高度な専門知識を身につけるとともに、学生自身が課題を発見してその解決を図る能力を習得できるよう、各分野の専門教員が指導する講究が準備され、正副3名の指導教員が研究指導を行います。

求める学生像(アドミッションポリシー)

 本専攻は以下のような能力をもつ学生を求めています。全ての能力をバランス良く持つだけでなく、人にはない突出した能力を持つことも重要だと考えます。

  • ハードな工学技術からソフトな社会、文化、芸術に至る幅広い分野の関心と専門知識
  • 専門家を目指して常に努力する前向きな意欲と、それを継続する精神力
  • 自ら課題を発見しようとする探究心と、その解決を図るための想像力
  • 得られた知識を活かし、新しい提案を作り上げる創造力
  • 自らの考えを分かりやすく解説し、人を説得する表現力と調整力
  • 国際社会で活躍できる語学力と多様な状況への対応力

最終更新日:2015年12月15日

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る