入試・入学

Study

アドミッションポリシー

人間環境学府

教育システム専攻 Department of Education

養成する人材像(ディプロマポリシー)

 修士課程においては、教育学の方法論を基礎にして諸科学の方法も学びつつ、教育システムに関するテ-マを探究し研究する力量を形成するとともに、教育実践における高度専門職業人としての能力を養成します。
博士後期課程においては、修士課程での研究テ-マを発展させ、学際的かつ独自な視点から教育システムに関する諸課題を解明して研究の構築をはかり、それを学位論文として完成させる能力を養成します。それを通じて、研究者あるいは高度専門職業人として自立できる人材を育成します。

教育プログラム

教育課程の目的
現代教育実践システムコース
 現代教育実践システムコースでは、教育実践における高度専門職業人の養成と共に、教育プログラムや学校改善プログラムを計画・開発する能力を有し、実務家・実践家を養成する研究・教育機関においてその実績を発揮しうるような人材を養成します。

総合人間形成システムコース
 総合人間形成システムコースでは、教育基礎科学の追求と同時に、「グローバル化」、「子ども」という現代の人間形成課題の探究に不可欠なテーマを軸に、 既存のディシプリンの枠組を越境する学際的な研究の構築および発信をめざします。

教育課程の編成方針(カリキュラムポリシー)
 教育学の理論と方法に基づき、教育システムを学校教育、家庭教育、社会教育・生涯学習、教育政策、国際的教育環境などの諸側面に即して解明するとともに、学際的な視点から諸科学の方法も学びつつ、現代の教育システムに生じている諸問題の解決をはかることができるようなカリキュラムを設けています。シラバス等において内容、評価基準等を明示します。

求める学生像(アドミッションポリシー)

 教育諸科学の基礎を深めることへの準備とともに、現代教育システムの諸課題の解決を図るための実践的、学際的な研究アプロ-チへの関心を持つ学生を求めます。

総合人間形成コース
 教育諸科学の理論と方法について深く、また広く学術的な探究を行うことを基本とし、併せて現代の人間形成課題の探究に不可欠なテ-マを軸に研究の構築および発信をめざす学生を求めています。

現代教育実践システムコース
 教育諸科学を学術的に探究するとともに、学校教育、家庭教育、生涯学習に関する現代の教育実践を多様な方法論に基づいて探究し、現代教育実践の新たな開発のための研究の構築および発信をめざす学生を求めています。

最終更新日:2015年12月15日

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る