入試・入学

Study

アドミッションポリシー

人間環境学府

人間共生システム専攻 Department of Clinical Psychology and Community Studies

養成する人材像(ディプロマポリシー)

臨床心理学指導・研究コース
 修士課程修了者は、修士論文を作成するなど臨床心理学の研究的素養を備え、加えて「臨床心理士」資格試験をすぐに受験できる条件を満たしており、臨床実践の職場への就職が可能です。同時に教育研究者を目指す者は、博士後期課程に進学するに十分な臨床心理学的実践力と研究力を備えている必要があります。
 博士後期課程修了者は、博士の学位を有し、「臨床心理士」養成大学院、教育研究機関、医療施設、福祉施設等の教育研究者または高度専門実務指導者等です。

共生社会学コース
 修士課程では、社会学、文化人類学、比較宗教学の分野での方法論に習熟し、フィールドに立脚した観察・分析を行う技術を身につけた実務家、もしくは修士課程修了後に博士後期課程に進学し更に高度な研究に携わるような人材を養成します。
 博士後期課程では、修士課程の内容を更に発展させ、社会学、文化人類学、比較宗教学の分野で独創的な研究を行うことのできる研究者・実務家を養成します。

教育プログラム

教育課程の目的
臨床心理学指導・研究コース
 現代社会のかかえるさまざまな心の問題を、そこに生きる個々人への心理的援助を通して明らかにし、その対応方法の研究能力および指導能力を有する臨床心理学の教育指導者の養成を行います。

共生社会学コース
 時代の要請であるさまざまな「共生社会」の課題について、理論社会学、計量社会学、福祉社会学、地域社会学、文化人類学、比較宗教学などの方法論を学び、フィールドに立脚した解明を志す研究者・実務家の養成をめざします。

教育課程の編成方針(カリキュラムポリシー)
臨床心理学指導・研究コース
 修士課程では、臨床心理学の実践も行いうる臨床心理学の教育指導者の養成のために、特別研究(修士論文研究)、臨床心理学研究法とともに財団法人臨床心理士資格認定協会「臨床心理士」資格試験の受験資格となる第Ⅰ種指定大学院の条件を満たす実践的カリキュラムも設定しています。
 博士後期課程では「臨床心理士」としての臨床実践に加えて臨床心理学の教育研究者を養成すべく、臨床心理学指導論及び博士論文指導演習をコアにしたカリキュラムを設定し、学位取得を促しています。

共生社会学コース
 修士課程では、社会学、文化人類学、比較宗教学の方法論を学び、フィールドに立脚した観察・分析が行えるように必要科目が設定されています。また、社会調査士資格認定機構の「専門社会調査士」資格認定のための科目も設定しています。
博士後期課程では、修士課程の内容を更に発展させ、社会学、文化人類学、比較宗教学の分野で、独創的な論文の執筆につながるよう、博士論文指導演習とともに、各分野での講究科目を設定しています。

求める学生像(アドミッションポリシー)

 臨床心理学、社会学、社会福祉学、比較宗教学、人類学などの視点から、社会の諸問題をとらえ、問題分析能力をもつ研究者、および問題解決能力、対応能力をもつ高度専門職業人を志す学生を求めています。

最終更新日:2015年12月15日

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る