入試・入学

Study

アドミッションポリシー

人間環境学府

都市共生デザイン専攻 Department of Urban Design,Planning and Disaster Management

養成する人材像(ディプロマポリシー)

アーバンデザイン学コース
 アーバンデザイン学コースでは、快適で安全な都市環境をデザインし、都市文化の継承と未来の都市環境や都市社会の創造を担う高度な専門家を養成するために、都市に関わる計画・設計、まちづくり、景観、環境心理、環境メディアなどについて教育・研究を行います。
 将来的に一級建築士、技術士等の資格を取得し、都市計画プランナー、都市コンサルタント、まちづくりの専門家、建築家、官公庁等の行政担当者等として活躍する人材を養成します。
 博士後期課程では、更に国際社会で活躍できる能力を備えた専門研究者を養成します。

都市災害管理学コース
 都市災害管理学コースでは、地震や風水害などの都市災害に対する管理手法の開発と実用化について、総合的に把握できる専門家を養成します。各種構造物の診断や実測、実験を中心とした工学的手法を用いて、都市と建築の災害予測、防災・危機管理手法や総合的都市安全システムの構築などについて教育・研究を行います。
 将来的に一級建築士、技術士等の資格を取得し、都市防災コンサルタント、構造技術者、官公庁等の防災技術者等として活躍する人材を養成します。
 博士後期課程では、更に国際社会で活躍できる能力を備えた専門研究者を養成します。

教育プログラム

教育課程の目的
アーバンデザイン学コース
 快適で安全な都市環境をデザインし、都市文化の継承と未来の都市環境・都市社会の創造をめざします。

都市災害管理学コース
 都市災害に対する管理的手法の開発と実用化についての総合的把握をめざします。

教育課程の編成方針(カリキュラムポリシー)
 修士課程のカリキュラムでは、理論から計画、デザインまでを総合的に学べるように科目を構成しています。理論を学ぶ講義を中心とした特論、学内外での実験、実習、フィールドワーク、ワークショップ等を通じて専門知識を深める演習やゼミナール、知識を活かして創造的な作業することで都市や建築を計画し、デザインする能力を養成するスタジオ、そして正副2名の指導教員とともに進める特別研究があります。
 また、視野を広め、多様な学習目標に対応するための、学際的科目や学生主体で運営する授業科目も提供します。さらに多様な他専攻科目の履修も可能です。
 博士後期課程では、学生の研究分野に関する高度な専門知識を身につけるとともに、学生自身が課題を発見してその解決を図る能力を習得できるよう、各分野の専門教員が指導する講究が準備され、正副3名の指導教員が研究指導を行います。

求める学生像(アドミッションポリシー)

 本専攻は以下のような能力をもつ学生を求めています。全ての能力をバランス良く持つだけでなく、人にはない突出した能力を持つことも重要だと考えます。

  • ハードな工学技術からソフトな社会、文化、芸術に至る幅広い分野の関心と専門知識
  • 専門家を目指して常に努力する前向きな意欲と、それを継続する精神力
  • 自ら課題を発見しようとする探究心と、その解決を図るための想像力
  • 得られた知識を活かし、新しい提案を作り上げる創造力
  • 自らの考えを分かりやすく解説し、人を説得する表現力と調整力
  • 国際社会で活躍できる語学力と多様な状況への対応力

最終更新日:2015年12月15日

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る