入試・入学

Study

アドミッションポリシー

人文科学府

歴史空間論専攻

教育理念

 本専攻は、歴史的条件や地理的条件によってさまざまに異なる社会(経済・政治・文化の総体)に関する専門的な研究を通じて、国際的な交流や相互理解に必要不可欠な知識を提示できる人材を養成することを目標としています。修士課程と博士後期課程の修了は、所定の単位修得と論文作成をもって認定します。

教育プログラム

 本専攻は、日本史学、東洋史学、朝鮮史学、考古学、西洋史学、イスラム文明史学、地理学の7専修から構成され、また修士課程における分野横断的な教育カリキュラムとして歴史学拠点コースを置いています。学生はどれかの専修を選択して、指導教員(1名)と副指導教員(複数名)のもとで研究指導を受けます。修士課程は論文指導2単位を含めた合計30単位以上の修得と修士論文、博士後期課程は論文指導4単位の修得と博士論文が修了要件となります。また歴史学拠点コースの学生は所定の関連科目を4単位以上修得しなくてはなりません。

求める学生像

 本専攻では、現代社会の成り立ちを、時間的あるいは空間的な社会の多様性への関心を通じて見通すことを目標とします。具体的には、自ら史資料を収集・解析することで、特定の地域や時代における社会の特質を、実証的に、また理論的に解明する能力が求められます。その過程においては、人間精神の多様性を認識するセンスと、論理的思考力および独創性を養っていくことが期待されます。

入学者選抜の基本方針

 入学選抜に当たっては、何よりも本専攻の教育理念にふさわしい人材の確保を基本方針とします。そのため、論文あるいは研究計画書の提出を求めるとともに、各専修に必要な専門知識や語学力を問い、さらに口頭試問を課します。

最終更新日:2016年1月28日

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る