入試・入学

Study

アドミッションポリシー

医学部

保健学科

保健学科 Department of Health Sciences

 九州大学医学部保健学科では、保健学分野の将来を担う高度な実践者、教育者・研究者へと発展する優れた医療人を育成することを目標としています。

教育理念 (教育理念・目標、育成する人材像等)

 九州大学医学部保健学科は、広い見識と深い人間理解を基盤とし、人の健康と幸せに貢献する人材を育成することを教育理念としています。このためには豊かな人間性の涵養に努めるとともに、社会の変化により生じる保健・医療・福祉への新たな要請にも応えうる知識と実践能力の涵養が重視されます。また、保健学分野の将来を担う高度な実践者、教育者、研究者へと発展する優れた医療人を育成します。この目的を実現するために、「豊かな人間性を備えた人材の育成」、「高度化する医療に対応できる人材の育成」、「全人的チーム医療に対応する人材の育成」、「高齢社会の医療に対応した人材の育成」、「多文化共生社会における国際医療の場で活躍できる人材の育成」、「医療の情報化に対応する人材の育成」、「教育者、研究者へと発展可能な人材の育成」などを目標にしています。

教育プログラム

教育課程の特色・内容
 看護学専攻では、病む人だけではなく全ての人々の健康を支援するため、人間の尊厳を理解し、看護の知識と技術、科学的判断力と創造的思考を修得することにより、専門的知識と実践力を有する看護師、保健師、助産師を養成します。さらにグローバル化を目指した国際交流によって、国際的に活躍できる医療人を育成します。具体的には医療に関する専門知識とともに、看護実践に直結する看護技術、看護過程、看護倫理等を教育するとともに、看護の対象である出生前から、小児期、青年期、成人期、老年期に至る人々の特性や健康レベルに応じた看護ケア、医療機関・保健福祉施設、訪問看護ステーションなどの様々な場における看護実践方法について教育します。加えて、看護職のリーダーとなれる素養の一つとして、看護研究能力の育成にも力を入れています。
 放射線技術科学専攻では、まず、医療系基礎教育として、解剖学、生理学、生化学などを教育し、専門科目に進む前の基礎的な知識を学びます。つぎに専門教育として、放射線や電磁波並びに磁気の特性や計測法、人体におよぼす影響とその安全管理、医用画像機器の原理・特性及び画像情報の基本特性、データ収集、画像形成過程の解析並びにコンピュータを用いた医用画像の構築法、画像処理、画像情報の定量解析などの基礎放射線科学について教育します。さらに、画像情報を得るための具体的な撮影技術、臨床画像の分析、画質の評価、新しい画像解析手法の開発、形態画像情報及び機能代謝情報の分析、定量評価、データ解析法並びに放射線治療技術などの医用放射線科学について教育します。
 検査技術科学専攻では、人からの検査材料(尿や便、血液、髄液、細胞や臓器など)や人体の生理機能(呼吸や血液循環、脳機能など)を検査して正確な情報を引き出し、それを処理・解析して病気の診断や早期発見、治療、予防に役立てる知識・技術を教育します。医療系基礎教育では、人体の構造と機能、微生物・寄生虫とその感染症、公衆衛生などの医学の基礎と、医学総論や臨床医学など医療関連の知識を教育します。専門教育では、臨床化学検査、病理検査、生理機能検査、病原体検査、免疫検査、血液学的検査、遺伝子検査など、臨床検査の幅広い分野において原理・方法とその技術について教育します。先進の検査技術や精度管理についても特論で教育し、学内での講義・実習および九州大学病院での臨地実習を通じて、臨床検査の総合的な実践能力・高度先端医療技術を教育します。

教育指導体制
 保健学科は看護学専攻、放射線技術科学専攻及び検査技術科学専攻の3つの専攻から構成されています。
 各専攻では、それぞれの専門領域において多くの実践を積んだ、教育経験豊かな教授陣により充実した教育・研究が展開されています。

求める学生像 (求める能力、適正等)

 保健学科での学修をめざす学生には次のことが期待されます。

  • 高い倫理観と豊かな人間性を身につけ、保健・医療・福祉の分野で社会に貢献する意欲があること。(倫理、人間性、社会的責任)
  • 保健・医療・福祉における課題を自主的に発見し、解決に向けて主体的に取り組む意欲があること。(自主性、主体性)
  • 保健・医療・福祉における幅広い知識や技能を主体的に学習し、論理的思考を身につける熱意があること。(知識、技能)
  • 保健・医療・福祉の国際活動を行う意欲があること。(国際性)
  • 周囲や他分野の人々と積極的にコミュニケーションを図り、保健・医療・福祉活動を安全に遂行する意欲や能力があること。(協調性)

入学者選抜の基本方針(入学要件、選抜方式、選抜基準等)

 保健学科に応募する学生に求められているのは、単に「試験に合格する」ことだけを目的とした知識ではなく、大学に入学後に徹底的に自己の能力を高めるための旺盛な好奇心と柔軟な思考力、そして21世紀の医療界のリーダーシップを担うための大きな「志」です。
 こうした能力や意欲を持った学生を選抜するため、保健学科の入学者選抜は、大学入試センター試験を課す一般入試(前期日程)、大学入試センター試験を課さない帰国子女入試と私費外国人留学生入試(4月入学)、大学入試センター試験を課すアドミッション・オフィス入試で行います。選抜に関する詳しいこと(入学要件、選抜方式、選抜基準等)は、募集要項または 保健学科Webサイト (http://www.shs.kyushu-u.ac.jp/ )をご覧ください。

障害等に対する合理的配慮を希望する入学志願者について

 医学部保健学科の受験にあたり、以下の項目で、受験上の配慮や支援を必要とする方、入学後に合理的配慮や支援を必要とする方は、事前相談を受け付けます。

①  視覚障害 ②聴覚障害 ③肢体不自由 ④病弱 ⑤発達障害 ⑥その他の身体や精神の障害や疾患

事前相談がない場合や、内容によっては配慮を講じることが困難な場合もあります。

 入学試験に対する配慮は九州大学HPの「障害等のある入学志願者について」もご参照ください。: https://www.kyushu-u.ac.jp/ja/admission/faculty/disabilities

最終更新日:2019年4月10日

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る