入試・入学

Study

アドミッションポリシー

薬学部

臨床薬学科

臨床薬学科 Department of Clinical Pharmacy

教育理念

 近年、医療の高度化、複雑化、高齢社会の到来、医薬分業の進展など薬剤師を取り巻く環境が大きく変化しています。このような状況下で、薬剤師は最適な薬物療法の提供、服薬指導、医療への安全対策など、幅広い分野において独自の役割を果たすことが、強く求められるようになってきました。また、薬剤師としての基礎知識や技能、高い倫理観はもとより、医療従事者としての教養、医療現場で通用する実践力など、これまで以上に高い資質を持った薬剤師を養成することが求められています。九州大学の薬学部臨床薬学科は、広い視野と豊かな人間性を有し、かつ医療従事者として質の高い薬剤師教育を行い、医療薬学の将来を担う人材を育成することを教育理念としています。
 臨床薬学科では、基礎薬学としての化学系薬学や物理系薬学ならびに生物系薬学を体系的に学ぶとともに、高度な医療薬学の基礎的および臨床的教育を行い、さらに臨床にかかわる実践的な実務能力を培います。医療従事者として広範な視野を持ち、医療現場で指導的役割をになう薬剤師を育成したいと考えています。

教育プログラム

教育課程の特色・内容
 臨床薬学科では、6年の教育課程を前期3年、後期3年として捉えています。前期では基礎的な薬学系科目を中心として、後期では医療薬学系の科目や薬剤師の職能教育に必要な実践的な薬学系科目を履修します。4年次の後期に行われる共用試験(薬局や病院の現場に出る前に、実務実習に必要な基本的な知識・技能・態度を身につけていることを担保するために行われる試験)に合格した学生を対象に、5年から6年次にかけて医療従事者としての薬剤師養成のため、また薬学生が薬剤師を体験する機会として、長期にわたる業務に参加する型の実務実習を行います。実務実習は病院と薬局における実務実習にわかれ、その期間は合わせて5ヶ月です。なお、実務実習の教育的効果を図るため、臨床薬学科において事前学習(講義・実習を2ヶ月程度)を実施します。
 また、4年から6年次には、科学的思考能力を備えた薬剤師としての素養を身につけるため、研究室に所属して、卒業研究を行います。
このほか本学科では次のことに力を入れます。

  1. 人文科学と自然科学を含む幅広い教養教育を重視します。
  2. 基礎的な専門教育と早期体験学習を低年次で導入し、薬学を学ぶ目的意識を明確にし、その動機付けを高めるとともに、基礎学力を養うことを行います。
  3. 体験学習等による医療従事者としての人間性および倫理観の育成を行います。
  4. 高い実践能力が身につく専門教育を行います。
  5. 臨床薬学における教育者・研究者の育成をめざした教育を行います。

教育指導体制
 臨床薬学科および創薬科学科の教員が協力して、薬剤師として必要な化学系薬学や物理系薬学ならびに生物系薬学、さらにより高度な医療薬学ならびに臨床的教育を行います。本学科の特徴である病院や薬局における実務実習/指導は、医療現場で実務についている薬剤師の方々と本学科の教員とが協力して行います。

薬剤師国家試験の受験資格について
 臨床薬学科を卒業すると薬剤師国家試験受験資格が与えられます。

求める学生像(求める能力、適性等)

●高等学校卒業レベルの十分な基礎学力を持つとともに、理科科目(科学、生物及び物理)に対して興味や関心を持つ学生の入学を期待します。
●科学研究に対して高い興味や関心を持つ学生の入学を期待します。
●医療人として患者や医療従事者等とコミュニケーションをとることができ、医療人としての倫理観が育つ素養を持つ学生の入学を期待します。

最終更新日:2017年8月30日

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る