入試・入学

Study

アドミッションポリシー

薬学部

創薬科学科

創薬科学科 Department of Medicinal Sciences

教育理念

 21世紀の人々の健康を維持するためには、癌をはじめとする難病や新種のウイルスなどによる新興疾患に対する治療薬や予防薬の開発が必要です。このためには、生命のメカニズムの解明や障害因子の特定、並びにそれらの情報を基に副作用の少ない標的に特異的に働く理想的な医薬品の開発が必要です。薬を創る、いわゆる創薬産業は我が国で発展が期待される次世代産業の一つと捉えられており、これを育成・発展させることが望まれています。九州大学薬学部はこれまでも創薬研究に大きく貢献してきました。創薬科学科は、この創薬研究に関連する教育をさらに強化し、最先端の創薬研究に対応できる高い能力を持つ国際的に活躍できる研究者や指導者の養成を目指しています。
 創薬科学科では、薬を創り出していく上で基礎となる化学系薬学、物理系薬学、生物系薬学、環境系薬学および医療系薬学を相互に関連付けて幅広く履修し、それらに関する高度な知識・技術を修得します。創薬科学科ではこれらの幅広い学問分野を修めかつ得意な専門分野に精通した人材の育成を目標に教育を行います。しかし、研究者としてはこれらの知識を吸収しただけでは不十分であり、さらに問題を見出し解決する能力が必要です。創薬科学科ではこのような問題発見・解決能力を養うために種々のプログラムを用いた教育を行います。創薬科学科では修士課程への進学を前提としたカリキュラムを組んでいるため、学部課程においては、創薬研究者や指導者になるための基礎的知識について学びます。しかし、問題の発見や問題を解決する能力は学部の教育だけでは十分ではなく、大学院修士課程や博士後期課程での学習や研究を通したさらなる能力の向上・強化が必要です。

教育プログラム

教育課程の特色・内容
 創薬科学科の教育課程の特色は、先にも述べたように人体や病気に関する化学や生物などの基礎科目を人体・病気・薬と関連付けて学ぶ点です。創薬科学科では、4年の教育課程のうち3年間を基礎としての教育を行い、最後の1年間は応用的能力を養うために卒業研究を行います。卒業研究は、研究室に所属して、経験豊富な教員の指導の下で、個別に最先端研究に取り組み問題解決能力の向上を図るものです。基礎教育課程の教育では、多様化・高度化する創薬科学や生命科学などに対応できる基礎的能力を獲得するため、創薬科学に関連した化学系、物理系、生物系、環境系および医療系講義を受けることが義務付けられます。特色ある人材を養成するために、創薬科学科では創薬有機化学者および創薬生命科学者等を養成するための多様なカリキュラムを準備しています。
 そのほかに本学科では次のことに力を入れます。

  1. 人文科学と自然科学を含む幅広い教養教育を重視します。
  2. 基礎的な専門教育と早期体験学習を低学年の時に行い、薬学を学ぶ目的意識を明確にし、その動機付けを高めるとともに、基礎学力を養います。
  3. 国際的に活躍する能力を培うために、異文化や言語文化に関する教養教育を行うと共に、英語による成果発表のための演習を実施します。

教育指導体制
 創薬科学科では3年生までは、講義と実習・演習が中心の教育を行います。社会科学科目や言語文化科目などの教養関連科目を除き、薬学に関連する専門教育は創薬科学科および臨床薬学科の教員が協力して全員で行います。4年次に行う卒業研究(特別実習)は、両学科に所属する教員による個別指導によって行います。

求める学生像(求める能力、適性等)

●薬を創るという強い意志を持つ学生の入学を期待します。
●高等学校卒業レベルの十分な基礎学力を持つとともに、理科科目(化学、生物および物理)に対して興味や関心を持つ学生の入学を期待します。
●国際的に活躍できる人材の育成を目指しているため、十分な英語の基礎学力を持っている学生の入学を期待します。

最終更新日:2017年8月30日

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る