教育・学生支援

Student Life

特色ある教育プログラム

チャレンジ21

学際コース(法学)

本コースの概要

 社会の高度化・複雑化・国際化が進行するのに伴い、法と政治の役割はますます増大し、法学・政治学を学ぶ意義もそれだけ一層大きくなっています。急速に変化する社会の状況を的確に分析しうる「社会認識の眼」を養い、批判的・創造的な見地から、ルールや政策について学びます。

本コースの到達目標

  1. 法律学や政治学の基本的な考え方が説明できる。
  2. 現代社会の法学・政治学的諸問題を多様な観点から読み解くことができる。
  3. 生涯学習の基礎となる学識を習得する。

本コースの参加と認定について

  • コース参加の申請について
申請条件 1.基幹教育科目について、所属学部・学科が指定する1年次に修得する単位数に加え1科目2単位以上を修得していること。
2.文系ディシプリン科目「法学入門」、「政治学入門」、「The Law and Politics of International Society」から1科目2単位以上を修得していること(1.の2単位に含める)。
3.基幹教育科目の成績が優秀であること(参考としてGPA2.8程度以上を目安とする)
申請時期 1年もしくは2年の後期終了後
申請書類 チャレンジ21申請書 (PDF形式)(MS Word形式
  • コース修了の認定について
認定条件    1.法学部が開講する専攻教育科目から10単位以上修得していること。ただし、このうち2科目(3単位または4単位)までは、本コースが指定する高年次基幹教育科目の修得単位を充てることができる。
2.チャレンジ21参加者による合同報告会に参加すること
3.所属学部を卒業見込であること
※本コースが指定する認定条件①の高年次基幹教育科目は、「法文化学入門」、「法史学入門」、「ローマ法史」、「東アジアの政治と社会」(各2単位)とする。
申請時期 4年(卒業年)の11月頃を予定
申請書類 チャレンジ21修了認定申請書
  • その他の注意事項

    法学部及び21世紀プログラム課程の学生は本コースへ参加できません。

最終更新日:2019年1月24日

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る