教育・学生支援

Student Life

特色ある教育プログラム

チャレンジ21

学際コース(教育学)

本コースの概要

 教育学は、人間の形成や人間の発達にかかわるあらゆる問題を包括する学問です。子どもの問題だけではなく、青年期や成人期、さらには老人期にいたるまでの人間の生涯にわたる発達と関連する教育学は、総合的な人間形成の科学となっています。「学際コース(教育学)」では、大きく教育学と教育心理学という二つの大きな枠組みを中心にしながら、教育に係わる問題や人間の心理・行動などを体系的に学べます。

本コースの到達目標

  1. 人間の形成や人間の発達について基本的な考え方が説明できる。
  2. 現代社会の課題と自己の社会的位置を教育学の視点で解明することができる。

本コースの参加と認定について

  • コース参加の申請について
申請条件 1.基幹教育科目について、所属学部・学科が指定する1年次に修得する単位数に加え1科目2単位以上を修得していること。
2.文系ディシプリン科目「現代教育学入門」および「教育基礎学入門」の単位を修得していること。または文系ディシプリン科目「心理学入門」2単位以上を修得していること(1.の2単位に含める)。
3.基幹教育科目の成績が優秀であること(参考としてGPA2.8程度以上を目安とする)
申請時期 1年もしくは2年の後期終了後
申請書類 チャレンジ21申請書 (PDF形式), (MS Word形式
  • コース修了の認定について
認定条件 1.教育学部が開講する専攻教育科目のうち、「別表1:学際コース(教育学)が指定する専攻教育科目」に記載のある科目から10単位以上修得していること。
2.チャレンジ21参加者による合同報告会に参加すること
3.所属学部を卒業見込であること
申請時期 4年(卒業年)の11月頃を予定
申請書類 チャレンジ21修了認定申請書
  • 別表1:学祭コース(教育学)が指定する専攻教育科目

    ※( )は平成26年度入学者対象の科目

解釈学的教育学演習 社会人類学演習 社会教育行政演習
教育哲学概論Ⅰ 教育史概論 社会教育施設論
教育哲学概論Ⅰ演習 教育史概論演習 マスコミュニケーションⅠ
批判的教育学 教育社会史 マスコミュニケーションⅡ
批判的教育学演習 教育社会史演習 まちづくり基礎論
教育哲学概論Ⅱ 教育社会思想史 教育とコミュニケーションデザイン
教育哲学概論Ⅱ演習 教育社会思想史演習 まちづくり実践論演習
教育哲学特論Ⅱ 教育文化史 教育学フィールドワークⅠ演習
教育哲学特論Ⅱ演習 教育文化史演習 教育学フィールドワークⅡ演習
教育倫理学演習 教育文化思想史 教育学インターンシップ演習
比較教育学概論Ⅰ演習 教育文化思想史演習 教育学ボランティア演習
比較教育学特論Ⅰ演習 教育関係史 教育実践学Ⅰ演習
国際教育論Ⅰ 教育関係史演習 教育実践学Ⅱ演習
比較教育学概論Ⅱ 教育法学 人格・社会心理学講義Ⅰ
(自己過程心理学)
比較教育学概論Ⅱ演習 教育法学演習 比較発達心理学講義Ⅰ
(発達心理学Ⅰ)
比較教育学特論Ⅱ 教育法社会学 比較発達心理学講義Ⅲ
(乳幼児心理学)
比較教育学特論Ⅱ演習 教育法社会学演習 発達心理学Ⅰ演習
アジアの教育 教育政策学 乳幼児心理学演習
授業研究方法論 教育政策学演習 発達心理学講義Ⅰ
(生理心理学)
授業研究方法論演習 教育経済学 発達心理学講義Ⅳ
(行動発達学)
教育課程・カリキュラム論 学校経営学 社会心理学講義Ⅲ
(リーダーシップ論)
教育課程・カリキュラム論演習 学校経営学演習 集団心理学講義Ⅰ
(社会心理学Ⅱ)
学習指導・教育方法論 地域教育社会学演習 集団心理学講義Ⅱ
(集団心理学)
学習指導・教育方法論演習 教育社会学概論Ⅰ 対人行動学講義Ⅱ
(コミュニケーション論)
教授ストラテジー論 教育調査法Ⅰ 環境心理学講義Ⅰ
(人間環境心理学)
人間開発論演習 教育調査法Ⅰ演習 コミュニティ論講義Ⅱ
(キャリアディベロップメント論)
学習輔成論演習 発達社会学演習 臨床心理学講義Ⅰ
(臨床心理学概論)
教育情報工学 教育組織社会学 カウンセリング論講義Ⅰ
(心理療法論Ⅰ)
文化人類学 教育社会学概論Ⅱ カウンセリング論講義Ⅲ
(精神病理学)
文化人類学演習 教育調査法Ⅱ演習 パーソナリティ心理学講義Ⅱ
(医療心理学)
比較文化論 高等教育論 医療心理学演習
比較文化論演習 社会教育史 生涯発達学講義Ⅰ
(臨床思春期・青年期心理学)
教育人類学概論 社会教育方法論演習 生涯発達学講義Ⅲ
(臨床家族心理学)
教育人類学概論演習 生涯学習概論 社会人類学
生涯学習概論演習    
  • その他の注意事項

    教育学部及び21世紀プログラム課程の学生は本コースへ参加できません。

最終更新日:2019年2月26日

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る