教育・学生支援

Student Life

特色ある教育プログラム

チャレンジ21

学際コース・国際コースの概略

学際コース

本コース参加のためには

 チャレンジ21は、卒業に必要な単位数を超えて履修することになりますので、そのための学力が求められます。コース参加の申請(1年もしくは2年の後期終了後)までに、以下の要件を満たす必要があります。

  1. 基幹教育科目について、所属学部・学科が指定する1年次に修得する単位数に加え1科目2単位以上を修得していること。
  2. 学際コースの「人文学」、「教育学」、「法学」、「経済学」の各領域に参加を希望する学生は、各領域が指定している文系ディシプリン科目の単位を修得しておくこと。(1.の2単位に含める)。
  3. 基幹教育科目の成績が優秀であること。参考として、基幹教育科目のGPAが2.8程度以上であることを目安とする。

本コース修了のためには

  1. 学際コースに参加する学生は、参加(履修)が認められたコースが指定する各学部の専攻教育科目(等)の中から10単位以上を履修すること。
  2. チャレンジ21参加者による合同報告会に出席すること。
  3. 所属学部を卒業見込であること。

国際コース

本コース参加のためには

 国際コースも、学際コースと同様に卒業に必要な単位数を超えて履修することになり、そのための学力が必要です。コース参加の申請(1年もしくは2年後期終了後)までに、以下の要件を満たす必要があります。

  1. 基幹教育科目について、所属学部・学科が指定する1年次に修得する単位数に加え1科目2単位以上を修得していること。
  2. 基幹教育科目の成績が優秀であること。参考として、基幹教育科目のGPAが2.8程度以上であることを目安とする。

本コース修了のためには

  1. 海外留学の経験があること。(短期交換留学、語学研修プログラム等を含む)
  2. 連携科目から10単位以上修得すること。連携科目とは、留学先の大学の科目、留学生センターが開講する外国人短期留学コース(JTW、SIJ[旧:ATW])、短期海外留学コース開講科目、基幹教育科目(2年次以上の学生を対象とする言語文化自由選択科目)、留学先の大学の科目とする。なお、留学時の修得科目は21世紀プログラムの科目(特別科目A、社会連携科目A)によって九州大学の単位として認定されます。
  3. チャレンジ21参加者による合同報告会に参加すること。
  4. 所属学部を卒業見込であること。

最終更新日:2017年5月9日

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る