EVENTS

EVENTS

公開日:2018.01.11

イノベーション教育セミナー「研究活動における社会性と倫理を学ぶためのSTSステートメント」

講演会等 伊都キャンパス 申込受付中

 社会が抱える課題が膨れ上がり、複雑化する現代では、イノベーションを起こせる人材を求める声が日に日に高まっています。そのような社会からの要請に応えるべく、大学等の高等教育機関には、イノベーションを起こし得る人材の育成(イノベーション教育)が期待されています。主体的に考え、果敢に行動するスピリットを兼ね備えた、イノベーションを起こし得る人材をどのように育成すべきなのでしょうか。今、大学は社会から問われています。
 今回のセミナーでは、九州大学科学技術イノベーション政策教育研究センター(CSTIPS)の小林俊哉准教授をお招きし、CSTIPSでの人材育成の概要について紹介して頂きます。さらには、科学技術社会論の視点から、これからの科学技術イノベーションに求められる人材とその育成についてもご講演頂き、これからの高等教育機関におけるイノベーション教育について考える機会といたします。

対象 一般向け、在学生・教職員向け
開催日時 2018.02.02 (金) 16:30 ~ 2018.02.02 (金) 18:00
開催場所 伊都キャンパス
会場名 九州大学 伊都キャンパス センター2号館2302号室
会場の住所
定員 先着   30名
参加費 無料
イベント詳細 《講演タイトル》
研究活動における社会性と倫理を学ぶためのSTSステートメント
《講師》
小林俊哉(九州大学 科学技術イノベーション政策教育研究センター 准教授)
《講演概要》
 九州大学では、平成25年度より科学的な根拠に基づいて政策立案のできる人材養成のための科学技術イノベーション(STI)政策専修コース(研究代表者:永田晃也教授)を設置し、本年度で3年目を迎えました。同コースのコア科目「科学技術社会論概説」では、受講者に「STSステートメント」を作成させ、福岡市の中心市街地で開催するサイエンスカフェにおいて作成したステートメントを社会に向けて公表することを義務付けています。2016年度は、3月18日に福岡市中心部の繁華街で公開のサイエンスカフェを開催し、3人の九大大学院生がSTSステートメントを発表し、約20人の市民が参加しました。
 STSステートメントとは、科学技術の発展が、これまでの人類史の中で社会に及ぼしてきた影響を正・負の両局面について把握し、未来へ向けた科学技術と社会の新しい関係構築のために個人個人がすべきことを明記した宣言(ステートメント)です。STSステートメントの教育上の狙いは2点あります。1点目は大学院生の研究内容の将来社会への影響を把握し、負の影響が生じそうな場合は、その対策案を大学院生自身に考えてもらうことによって、院生の研究テーマと社会との繋がりを意識してもらうことです。2点目は、その検討内容をSTSステートメントとして広く市民に公表し、市民と課題を共有し、市民の率直な批判を仰ぐことです。このことによって、将来研究者となる可能性を有する大学院生にとっては市民との科学技術コミュニケーションの中で「誠実なアウトリーチ」が行われ、その研究倫理感醸成につながることを期待できることです。本講演では以上の取り組みについて紹介を行います。
申込方法 事前申し込みの必要あり
[Webサイト]
※ウェブサイト内の申込フォーマットにてお申し込みください。
http://www.artsci.kyushu-u.ac.jp/~cfde/form/#form20180202
申込受付期間 2018.01.11 (木) - 2018.01.31 (水)
お問合せ先

担当:九州大学 基幹教育院 次世代型大学教育開発センター
電話:092-802-6070
Mail:kyoten★artsci.kyushu-u.ac.jp
※メールアドレスの★を@に変更してください。

ホームページ http://www.artsci.kyushu-u.ac.jp/~cfde/#event20180202
公開期間 2018.01.11 (木) - 2018.02.02 (金)
関連データ

event20180202.pdf (198KB)

poster20180202.pdf (572KB)

  • トップページ
  • EVENTS
  • イノベーション教育セミナー「研究活動における社会性と倫理を学ぶためのSTSステートメント」

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る