EVENTS

EVENTS

公開日:2018.01.23

第9回九州大学リサーチコア主催公開講演会

講演会等 キャンパス外 申込受付不要

大会テーマ:運動による超高齢社会における健康課題のソリューション

対象 一般向け、在学生・教職員向け
開催日時 2018.03.17 (土) 09:45 ~ 2018.03.17 (土) 17:10
開催場所 キャンパス外
会場名 西南学院大学 法科大学院大講義室
会場の住所

MAP

〒814-8511 福岡市早良区西新6丁目2番92号
定員 先着   120名
参加費 無料
イベント詳細 プログラム:

開 場 9:15
主催者挨拶 9:45-9:50
熊谷秋三(九州大学基幹教育院・大学院人間環境学府)

セクション1:科学的な証拠に基づいた介護予防の展開 (9:50-11:50)

1)高齢者の社会参加と健康および介入効果
  野藤 悠(公益社団法人地域医療振興協会ヘルスプロモーション研究センター)
2)高齢者の身体活動および体力との関連性:篠栗元気もん研究
  陳 涛(九州大学基幹教育院)
3)慢性疼痛と身体活動・座位行動
  斉藤貴文(九州大学大学院人間環境学府博士課程)
4)フレイルと認知機能
  陳 三妹(福岡工業大学社会環境学部)

基調講演 (13:00-13:45)
「今後の高齢社会のビジョンとソリューション」
小川全夫(NPO法人アジア・エイジング・ビジネスセンター)

特別講演(13:50-14:20)
「高齢者の身体活動疫学研究」
熊谷秋三(九州大学基幹教育院・大学院人間環境学府)

セクション2.高齢者の運動による健康支援:高齢者のトレーニング可能性 (14:30-16:00)
1)フレイル・サルコペニア
  金 憲経(東京都長寿医療研究センター)
2)末梢神経と骨格筋
  崎田正博(京都橘大学健康科学部)
3)認知症:アルツハイマー病を中心として
  楢﨑兼司(福岡工業大学社会環境学部)

セクション3.高齢者の健康支援へのIoT活用 (16:00-17:00)
1) フレイル予防ソリューションに向けた事業構想
加藤 陽(住友理工株式会社)
2) 脳(あたま)ケアによる認知機能維持向上に関する研究:
MCI(軽度認知障害)の早期発見・改善プログラム
川口裕二(ナレッジフォース)・米谷光弘(西南学院大学)

閉会の辞 (17:-00-17:10)
申込方法 事前申し込み不要
申込受付期間 なし
お問合せ先

担当:熊谷 秋三
電話:092-583-7853
FAX:092-583-7853
住所:〒816-8580 福岡県春日市春日公園6-1

ホームページ http://webpages.ihs.kyushu-u.ac.jp/research_core/
公開期間 2018.01.23 (火) - 2018.03.17 (土)
関連データ

180317ポスター.pdf (225KB)

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る