EVENTS

EVENTS

公開日:2018.04.23

ラムサール条約登録湿地での環境変動を探ろう(JSPS「ひらめき☆ときめきサイエンス」採択プログラム)

その他 伊都キャンパス 申込受付終了

【小学5-6年生、中学生、高校生向け】
皆さんはラムサール条約という名前を聞いたことがありますか?湖、湿原、干潟などの環境を保全する条約で、日本でも46箇所が指定されています。なぜ、水に浸されたこれらの環境が我々の生活を守るために重要なのでしょうか?そこにはどのような生物が生きており、その環境はどのように変わってきたのでしょうか?ここでは、湖、湿原、干潟の土を使って、生物・化石を指標として、環境の変化を調べていきましょう。
日本国内やモンゴルで採取されたラムサール条約登録湿原や湖沼の堆積物が、九州大学大学院理学研究院地球惑星科学教室にはたくさん収蔵されています。それを用いながら、顕微鏡を使って、目に見えないほど小さな化石を観察していきます。1mmの百分の一という小さな化石たちですが、宝石のように、とても美しい化石です。ひと目見ると、みんな好きになってしまいます。

対象 高校生向け、小・中学生向け
開催日時 2018.07.29 (日) 09:30 ~ 2018.07.29 (日) 16:15
開催場所 伊都キャンパス
会場名 九州大学大学院理学研究院地球惑星科学教室 ウエスト1号館W1-C-201教室
会場の住所

MAP

〒819-0395福岡市西区元岡744
定員 先着   20名    ※ 定員に達しましたので、申込受付を終了させていただきました
参加費 無料
イベント詳細 【小学5-6年生、中学生、高校生向け】

9:30~10:00 受付(集合場所:伊都キャンパス・ウエスト1号館正面玄関)
10:00~10:15 ガイダンス(科研費の説明を含む)
10:15~11:00 講義①ラムサール条約って何?湿地がなぜ大事なの?
11:00~11:15 休憩
11:15~12:00 講義②日本や世界のラムサール湿地
12:00~13:00 休憩(昼食)(ウエスト1号館W1-C-201教室)
13:00~14:15 実習①湿原の地層の中からルーペと生物顕微鏡で化石を見つけてみよう
14:15~14:30 休憩
14:30~15:45 実習②電子顕微鏡で化石をみてみよう
15:45~16:00 質問タイム
16:00~16:15 修了式(アンケート記入・未来博士号授与)
16:15     終了・解散
申込方法 事前申し込みの必要あり
[その他]
申込受付期間 2018.04.23 (月) - 2018.07.20 (金)
※定員に達しましたので、申込受付を終了させていただきました
お問合せ先

担当:九州大学理学研究院地球惑星科学教室 鹿島 薫
電話:092-802-4209
FAX:092-802-4208
Mail:kashima★geo.kyushu-u.ac.jp
※メールアドレスの★を@に変更してください。

住所:〒819-0395福岡市西区元岡744
ホームページ
公開期間 2018.04.23 (月) - 2018.07.29 (日)
関連データ

ひらめきときめきサイエンスポスター(鹿島2018).pdf (357KB)

  • トップページ
  • EVENTS
  • ラムサール条約登録湿地での環境変動を探ろう(JSPS「ひらめき☆ときめきサイエンス」採択プログラム)

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る