EVENTS

EVENTS

公開日:2019.07.25

本日開催 MOOC「豪雨災害とその対策-平成29年7月九州北部豪雨災害を例に-」開講

公開講座 キャンパス外 申込受付中

教材開発センターが制作したMOOC「豪雨災害とその対策-平成29年7月九州北部豪雨災害を例に-」が開講しました。
本講座では、近年、日本各地で頻発している災害のうち特に風水害、土砂災害について、平成29年7月九州北部豪雨災害での事例を中心に、災害の意味、防災の意味、そして災害が終わった後の復旧・復興について学ぶことができます。
MOOCは、パソコンだけでなくスマホやタブレットを使ったモバイル・ラーニングも可能です。通学・通勤時間を有効に活用し、MOOCの学びに是非、チャレンジしてみてください。
皆様のご受講お待ちしています。

対象 一般向け、高校生向け、小・中学生向け、在学生・教職員向け、その他
開催日時 2019.07.25 (木) 00:00 ~ 2019.08.22 (木) 00:00
開催場所 キャンパス外
会場名 PC、スマートフォン、タブレット等から視聴
会場の住所
定員 なし
参加費 無料
イベント詳細 講座名:「豪雨災害とその対策-平成29年7月九州北部豪雨災害を例に-」
講師:三谷 泰浩教授(九州大学大学院工学研究院附属アジア防災研究センター)
開講期間:2019年7月25日(木)~8月22日(木)
受講料:無料
字幕:日本語・英語
講座内容:
第1週:自然災害と防災 2019年7月25日(木)~
・自然災害
・防災と減災
・防災と情報
・ハザードマップ
・防災への取り組み
第2週:豪雨災害の特徴(平成29年7月九州北部豪雨災害からの経験) 2019年8月1日(木)~
・風水害
・土砂災害
・平成29年度7月九州北部豪雨災害(被害の概要とその原因)
・平成29年度7月九州北部豪雨災害(川の被害と流木被害)
・平成29年度7月九州北部豪雨災害(土砂災害)
第3週:災害からの復旧・復興 2019年8月8日(木)~
・復旧と復興
・災害復興計画(朝倉市と東峰村)
・災害リスクコミュニケーション
・災害タイムライン
・災害を風化させないために(東峰村災害伝承館)
講義にも登場する「東峰村災害伝承館」において実際に見学、体験する参加型交流イベントも行われる予定です。
10/12福岡県、朝倉市、東峰村災害伝承館にて。
申込方法 事前申し込みの必要あり
[Webサイト]
※OpenLearning,JapanのHPからお申し込みください。
受講登録フォーム
https://open.netlearning.co.jp/lecture/index.aspx?cid=00030J11
申込受付期間 2019.05.30 (木) - 2019.08.22 (木)
お問合せ先

担当:附属図書館付設教材開発センター
電話:092-802-6106
FAX:092-602-6109
Mail:tokyozai★jimu.kyushu-u.ac.jp
※メールアドレスの★を@に変更してください。

ホームページ http://www.icer.kyushu-u.ac.jp/
公開期間 2019.07.25 (木) - 2019.08.22 (木)
関連データ
  • トップページ
  • EVENTS
  • MOOC「豪雨災害とその対策-平成29年7月九州北部豪雨災害を例に-」開講

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る