学部・大学院等

Schools & Centers

学部・大学院

21世紀プログラム

教育目標

 21世紀という時代では、これまで変わることがないと考えられていた既存の学問領域の枠組みや領域自体が、次々と新しく組み替えられていくと予想されます。
 こうした中、今求められているのは、既存の知識や枠組みを超えて生じている様々な変化に対応し、問題をいち早く発見し、解決するような新しい形の「知識」です。この知識は固定したものではなく、さまざまな知識を組み合わせていくような創造的な能力です。
 21世紀プログラムでは、そのような知識を持った人間像として「専門性の高いゼネラリスト」の育成を目標としています。

入学から卒業まで

 入学して1年半は、他の学部生と同様に全学教育科目の履修が中心となります。この間、21世紀プログラム独自科目(チュートリアル、課題提示科目、プログラム・ゼミ、21世紀プログラム英語)の履修が義務付けられています。
 2年生の後半からは、自分の研究テーマに基づいた専攻テーマに関する科目を九州大学の教育資源を活用しながら履修していきます。この間、積極的な留学経験や社会体験活動も支援します。この様な自主的で自立的な学習活動の主体性として、4年次には卒業研究に取り組みます。卒業後は、専門性の高いゼネラリストとしての素養を活用して大学院への進学を推奨しています。

取得できる学位

学士(学術)

入学状況(平成27年度)

募集人員 志願者数 受験者数 合格者数 入学者数
26 99 73 25 24

最終更新日:2016年1月29日

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る