NEWS

お知らせ

公開日:2018.04.02

九大ギャップファンドから九大発ベンチャー第1号が誕生

お知らせ

※会社のロゴは本学、芸術工学研究院の学生によってデザインされています

この度、九州大学の研究成果を基にベンチャーの起業を目指すための事業化検証プログラム
「九大ギャップファンド」(※1)から、初めて九大発ベンチャー「KAICO株式会社」(本社:福岡市産学連携交流センター(※2))が誕生しました。
同社は、九州大学が保有する特殊なカイコや知的財産を活用して難発現性タンパク質を生産し、
研究試薬・診断薬・ワクチンへ商業利用する事業を展開します。
研究成果の生みの親である農学研究院・日下部 宜宏 教授(カイコバイオリソースによるタンパク質の効率的生産)と工学研究院・未来化学創造センター・神谷 典穂 教授(新規人工タンパク質の設計)は、
それぞれの技術を融合(農工連携)し、九大ギャップファンドの他にもJSTの「大学発新産業創出プログラム(START)」(※3)やDBJキャピタル株式会社(※4)の支援を受け事業化検証を進めてきました。
事業化の舵取り役は、九州大学ビジネススクール(QBS)の修了生である大和建太氏(起業後は代表取締役に就任)が務め、九州大学のリソースを駆使した体制で臨んでいます。
九州大学学術研究・産学官連携本部は、九州大学とKAICO株式会社との間で、特許の独占実施許諾契約の締結を進め、起業後も引き続きベンチャー創出推進グループが支援を行います。

詳細はこちら

お問い合わせ

学術研究・産官連携本部/ ベンチャー創出推進グループ
電話:092-832-2168
FAX:092-832-2147
Mail:mailto:startup★airimaq.kyushu-u.ac.jp
※メールアドレスの★を@に変更してください。

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る