NEWS

お知らせ

公開日:2018.04.06

平成30年度実施事業「大学発ベンチャー事業シーズ育成支援プログラム」(通称:第2期九大ギャップファンド)の実施と採択案件について

お知らせ

今年度に実施する「大学発ベンチャー事業シーズ育成支援プログラム」の事業シーズ10件を新規に採択しました。昨年度と同様に九州大学の教職員に公募を募り、厳正なる審査の上、採択された事業シーズです。
今後、平成30年4月から同年10月末までのプログラム期間を通して、起業に向けた事業化検証を進めて参ります。

本プログラムは、本学の研究成果に基づく大学発ベンチャーの創出促進を目的とした事業です。本学の教職員を対象とし、ベンチャーの起業を前提として提案された自己の研究成果に対して、事業化検証資金(200万円/件)を助成します。プログラム期間中は、九州大学学術研究・産学官連携本部(AiRIMaQ)を窓口として、外部機関の支援を仰ぎながら事業化検証を進めていきます。プログラム期間終了後は、外部有識者から検証結果に対して評価・アドバイス等のフィードバックを得て、事業化を進めていく際の優位性や課題を明らかにします。なお、本プログラムを通じ有望な事業シーズであると認められた場合は、別途、起業へ向けた組織的な支援を実施していきます。

昨年度実施した第1期九大ギャップファンドでは、採択事業シーズ10件の中から早くも2社が起業し、その他の事業シーズも引き続き起業を視野に入れ事業化検証を進めています。

 九州大学は、平成28年度より学術研究・産学官連携本部内に組織化したベンチャー創出推進グループが主体となり、大学の研究成果を社会実用化していくための1つの手段として起業支援を展開しています。ベンチャー創出推進グループは、グループ設立後、民間事業会社やベンチャーキャピタル等の外部機関と連携し、起業前から起業後まで組織的に支援を行う体制を構築してきました。中でも、事業シーズの発掘から事業化検証までを行う九大ギャップファンドをコア事業として推進し、九大発ベンチャーの創出支援を実施して参ります。

詳しくはこちら

お問い合わせ

学術研究・産学官連携本部 
ベンチャー創出推進グループ
電話:092-832-2168
FAX:092-832-2147
Mail:startup★airimaq.kyushu-u.ac.jp
※メールアドレスの★を@に変更してください。

  • トップページ
  • NEWS
  • お知らせ
  • 平成30年度実施事業「大学発ベンチャー事業シーズ育成支援プログラム」(通称:第2期九大ギャップファンド)の実施と採択案件について

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る