NEWS

お知らせ

公開日:2019.07.30

決断科学特別講義・三宅香帆氏講演会 「アジアから見た万葉集 万葉集から見たアジア」

お知らせ

 決断科学大学院プログラム学生の自主的研究・教育活動「九大サブカルチャー研究会」企画で、決
断科学特別講義として文筆家・三宅香帆氏にご講演いただきます。
 万葉集は現存する日本最古の歌集として知られていますが、令和元年を迎えた今年、万葉集関連の
著作が書店から売り切れるほど、世間では大きなブームとなっております。今一度、万葉集について
学ぶことが、必要ではないでしょうか。またその際に、アジアの文化交流における万葉集のあり方に
ついても、目を向けてみましょう。

日 時:2019 年8 月25 日(日)13:00-15:00
場 所:九州大学 伊都ゲストハウス多目的ホール(福岡市西区元岡744)
登壇者:三宅香帆(京大院卒、文筆家)
・本題「アジアから見た万葉集 万葉集から見たアジア」(90分)三宅香帆氏(文筆家)
・質疑応答(30 分)
主 催:九州大学持続可能な社会を拓く決断科学大学院プログラム
学生の自主的な研究「サブカルチャー研究会」
※参加には Web サイトより事前登録が必要です。(参加費無料・応募多数の場合抽選)
 Webサイト:https://forms.gle/VGNqTPHbs7Ti6Nt86

 

主催者からひとこと
  新元号「令和」に入り、ひときわ注目を浴びるようになった『万葉集』。
この『万葉集』に書かれた和歌の多くが漢詩の影響を強く受けていることはご存知ですか?
  今回は、京都大学で『万葉集』の研究をされていた文筆家の三宅さんをお呼びして、ご講演いただきます。「令和」という言葉の元となった歌は、太宰府で詠まれました。
  太宰府、そして福岡は、当時もそして今でもアジアとの関係が非常に深いところです。この福岡で、一緒に万葉集について考えてみませんか。

お問い合わせ

持続可能な社会のための決断科学センター
江口 久美(助教)
電話:092-802-6047
FAX:092-802-6057
Mail:eguchi.kumi.506★m.kyushu-u.ac.jp
※メールアドレスの★を@に変更してください。

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る