NEWS

お知らせ

公開日:2018.02.08

「第2回国際会議ヘルスケアと持続可能開発目標そしてソーシャルビジネス、ソーシャルビジネスフォーラム アジア」を開催

お知らせ

 

社会における健康課題の解決にソーシャルビジネスを用いるという教養科学技術の応用のあり方を発信するという長期的目的のもとに、「健康管理」、「持続可能開発目標」、「ソーシャルビジネス」をキーワードに国際会議とフォーラムを開催します。研究者、開発者、社会実装者など多くの利害関係者を社会の中から掘り起こし、相互に結びつけていきたいと考えます。

 

 「第2回国際会議:ヘルスケアと持続可能開発目標そしてソーシャルビジネス、ソーシャルビジネスフォーラム アジア」
The 2nd International Conference on Healthcare, SDGs and Social Business, 2018 Social Business Forum,Asia

日 時:平成30年4月26日(木)~28日(土) 9:00~18:10(8:30開場)
場 所:4/26(木)・27(金) 椎木講堂(九州大学 伊都キャンパス)講義室1、講義室2、大会議室 
     4/28(土)        Fukuoka Growth Next(福岡市中央区大名 旧大名小学校)
内 容  :
4/26(木)学生によるワークショップ、基調講演、一般講演 
4/27(金)基調講演、一般講演・ポスター、パネルセッション(Yunus Social Business Club)、授賞式
4/28(土)講演、パネルセッション、Social Business Contest - Asia Pacific MOU調印セレモニー

主な登壇者: 茅野龍馬(WHO神戸)、武藤真祐(株式会社インテグリティ・ヘルスケア)、
矢原徹一(九州大学)、戸田隆夫 (JICA)、岡田昌治(九州大学)、
副島勲(株式会社ヒューマンハーバー)、中村正敏(NTT西日本)、
田口一成(株式会社ボーダレス・ジャパン)、
Faiz Shah(アジア工科大学院 ユヌスセンター),
Mark Shen (台湾国立中央大学 ユヌスセンター)、
Nurfarini Daing(マレーシアmyHarapan)他 (敬称略)

主 催:一般社団法人ソーシャル・ビジネス・アカデミア・ネットワーク
後 援:九州大学(持続可能な社会のための決断科学センター、
     システム情報科学府、ユヌス&椎木ソーシャルビジネス研究センター)

参加には事前登録手続き・費用が必要です。(演題締切:2月15日)
詳しくは→Webサイト:http://conf.gramweb.net/

研究者からひとこと:
無医村など医療資源不足地域における健康課題への関心を高め、持続可能な社会に向けた課題解決のための事業への参加者・協賛者を増やしたいです。

【お問い合わせ1】
アシル・アハメッド 准教授
システム情報科学府情報知能工学部門

電話:092-802-3632  FAX:092-802-3644
Mail: ashir@ait.kyushu-u.ac.jp

【お問い合わせ2】 
錦谷まりこ 准教授 
持続可能な社会のための決断科学センター

電話:092-642-6475 FAX:(同左)
Mail: makorin@med.kyushu-u.ac.jp

 

  • トップページ
  • NEWS
  • お知らせ
  • 「第2回国際会議ヘルスケアと持続可能開発目標そしてソーシャルビジネス、ソーシャルビジネスフォーラム アジア」を開催

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る