NEWS

研究成果

公開日:2017.08.04

抗がん剤で心筋が萎縮する機序を解明
~抗がん剤の副作用軽減に期待~

研究成果 医歯薬学

 免疫療法と比べて安価な化学療法は、未だにがん治療の第一選択ですが、抗がん剤は疲労感/倦怠感や筋肉痛、ひどい場合は心筋症といった副作用を起こすことが問題視されています。原因は心筋や骨格筋などの萎縮であることは知られていましたが、抗がん剤が筋萎縮を起こす機構は不明でした。
 今回、生理研の西田基宏教授(九州大学教授兼務)は、九州大学、群馬大学、東京大学、京都大学との共同研究において、心筋細胞膜に存在し、抗がん剤投与により発現増加するTRPC3チャネルが、活性酸素を発生することで心筋細胞を萎縮することを発見。実際、TRPC3チャネルを阻害する化合物が、抗がん剤誘発性の心不全を軽減することを明らかにしました。
 本研究結果は、米国医学誌が発行するJCI insight誌に掲載されました(平成29年8月3日日本時間午後10時 オンライン版掲載)。

(昨年度の研究成果)圧負荷心臓におけるTRPC3-Nox2タンパク質複合体形成を介したコラーゲン産生増加(心臓の硬化)

TRPC3-Nox2複合体形成はドキソルビシン(DOX)誘発性の心筋萎縮(心不全)も仲介する。

TRPC3チャネル阻害は自発的な運動と同様に、ドキソルビシン誘発性心筋萎縮を抑制する(TRPC3阻害は運動を模倣する?)

論文情報

TRPC3-Nox2 complex mediates doxorubicin-induced myocardial atrophy ,JCI Insight,
10.1172/jci.insight.93358

研究に関するお問い合わせ先

薬学研究院 教授 西田 基宏
九州大学病院 助教 島内 司
医学研究院 教授 外 須美夫
備考:医学研究院 教授 住本 英樹
http://hyoka.ofc.kyushu-u.ac.jp/search/details/K000855/index.html
医学研究院 講師 井手 友美
http://hyoka.ofc.kyushu-u.ac.jp/search/details/K003337/index.html

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る