NEWS

研究成果

公開日:2017.10.20

コンテナ型仮想化技術によるクラウドホスティングの共同研究開発を開始
~より頑健で柔軟なホスティングサービスの実現を目指す~

研究成果 工学

 GMOインターネットグループのGMOペパボ株式会社(代表取締役社長:佐藤 健太郎 以下、GMOペパボ)で、インターネットに関する新技術の創造と実践に取り組む研究開発組織「ペパボ研究所」と、国立大学法人九州大学 情報基盤研究開発センター(センター長:谷口 倫一郎 以下、九州大学 情報基盤研究開発センター)は、2017年10月1日より、コンテナ型仮想化技術を基盤に用いたクラウドホスティングに関する共同研究開発を開始しました。
両者は、大規模インフラ上にコンテナ型仮想化技術を用いたクラウドホスティング環境を構築し、高負荷下での実証実験等を行うことで、より頑健で柔軟なクラウドホスティングの実現に向けて取り組んでまいります。

 本共同研究開発では、大規模インフラ上にコンテナ型仮想化技術を基盤に用いたクラウドホスティングを、実運用に近い環境で構築し、擬似的に作り出した高負荷下での実証実験を行います。具体的には、極端な高負荷下での性能テストをはじめ、適切なリソースの増減テスト、利用可能なリソース量が利用者側の要求に満たない場合のリソーススケジューリングテスト、迷惑メール対策などのセキュリティ向上手法等の実証実験を行います。また、プロトタイプを利用者に提供して実証実験を行うことで、実運用に近い負荷での検証が可能となり、加えて利用者からのフィードバックをもとに改善を行うことで、より頑健で柔軟なシステムの開発を目指します。(共同研究期間は2018年3月末までを予定)

▲共同研究者(左から)小田、近藤、松本、笠原、岡村、嶋吉、金子

研究に関するお問い合わせ先

情報基盤研究開発センター 助教 笠原義晃
  • トップページ
  • NEWS
  • 研究成果
  • コンテナ型仮想化技術によるクラウドホスティングの共同研究開発を開始 ~より頑健で柔軟なホスティングサービスの実現を目指す~

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る