NEWS

研究成果

公開日:2017.11.02

津波発生領域における歪解放プロセスの一端を解明
- 潮位変動が大きく関与? -

研究成果 理学

 京都大学理学研究科博士課程 片上智史、防災研究所 山下裕亮助教、伊藤喜宏准教授、太田和晃特定研究員、鹿児島大学 八木原寛助教、九州大学 清水洋教授らは、海溝などの沈み込み帯の浅い部分で発生するゆっくり地震の活動の後半で、特に潮位変化によりゆっくり地震が誘発されやすいことを発見しました(図-1)。これらの現象は、沈み込み帯浅部での大きな地震性滑りの原因を理解する上で重要な情報であり、沈み込み帯浅部の歪解放プロセスおよび摩擦特性の理解に向けて重要な知見が得られました。
 本研究では、従来検出されていなかった規模の小さいゆっくり地震を検出する手法を確立し、潮の満ち引きによって津波発生域となる沈み込み帯浅部でごく微小なゆっくり地震が誘発されることを発見しました。東北地方太平洋沖地震時に特に大きくずれ動くことで巨大津波の発生源となった沈み込み帯浅部の歪蓄積過程や摩擦特性など、これまでよく明らかにされていなかった物理過程を解き明かす上で極めて重要な知見です。また、巨大地震や巨大津波発生そのものの統一的理解に大いに役立つと期待されます。
 本成果は9月27日、米国科学誌Geophysical Research Letters に掲載されました。

図-1:津波発生領域と潮汐応答を示したゆっくり地震の位置関係を示す概略図

論文情報

Tidal Response in Shallow Tectonic Tremors ,Geophysical Research Letters,
10.1002/2017GL074060

研究に関するお問い合わせ先

理学研究院 清水 洋 教授 

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る