NEWS

研究成果

公開日:2019.08.28

インドネシアの古代湖はメダカの進化のゆりかご
~スラウェシ島の湖で3種のメダカが同所的に種分化したことを証明~

研究成果 人文・社会科学

 琉球大学の山平寿智教授、松波雅俊助教、木村亮介准教授、九州大学の楠見淳子准教授、龍谷大学の永野惇准教授、および国立遺伝学研究所の豊田敦特任教授らの共同研究チームによる研究成果が、進化学の国際学術雑誌「Evolution」誌に掲載されました。

<発表のポイント>
◆インドネシアのスラウェシ島の古代湖に生息する3種のメダカが、1つの湖の中で同所的に3種に分化したことを明らかにしました。
◆種の誕生=種分化は、通常集団が別々の場所に隔離されることが引き金となります。隔離を伴わない“同所的種分化”の実証例はこれまでに数例しか知られていませんでした。種分化の仕組みの一端を明らかにしたことは、地球上の生物多様性の成り立ちを知る上で重要な研究成果です。
◆メダカは日本が誇る生物学のモデル生物です。今後は、同所的種分化の原因遺伝子の特定など、モデル生物としての利点を活かした種分化研究の展開が期待されます。

 

 

 

論文情報

Evidence for sympatric speciation in a Wallacean ancient lake ,Evolution,
https://doi.org/10.1111/evo.13821

研究に関するお問い合わせ先

比較社会文化研究院 准教授 楠見淳子
  • トップページ
  • NEWS
  • 研究成果
  • インドネシアの古代湖はメダカの進化のゆりかご ~スラウェシ島の湖で3種のメダカが同所的に種分化したことを証明~

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る