NEWS

研究成果

公開日:2017.03.13

頭の中で想像する内容を脳波リズムの位相差が切り替える
~振動子モデルによる脳型コンピュータへの応用に期待~

研究成果 理学

 国立大学法人筑波大学システム情報系の川崎真弘助教、北海道大学の秋山正和助教、九州大学の手老篤史准教授、東北大学の西浦廉政教授、理化学研究所の山口陽子チームリーダーらの研究グループは、ヒトが脳内でイメージ操作するときに、シータ波とアルファ波という異なる周波数の脳波リズムの位相差が情報の振り分けを行っていることを、脳波データ解析及び数値シミュレーションを用いて発見しました。
 今回発見された結果によって、ヒトの複雑な認知機能は様々な脳波リズムの協調によって実現されている可能性が明らかになりました。この発見から、ヒトの脳活動から検証された振動子モデルによる、柔軟な思考を実現する脳型コンピュータの開発が期待されます。
 本研究の成果は、2017年3月7日付で「Scientific Reports」で公開されました。
 *本研究は、文部科学省が助成する新学術領域研究「伝達創成機構」(研究期間:平成21~25年度)およびテニュアトラック普及・定着事業・個人選抜型(研究期間:平成25~29年度)によって実施されました。

視覚作業記憶操作課題時と聴覚作業記憶課題時の脳内の同期現象のイメージ図(kawasaki, et al., 2010, 2014参照)。左上のシータ波とアルファ波の位相関係が両課題で異なる。

研究に関するお問い合わせ先

マス・フォア・インダストリ研究所 准教授 手老 篤史
  • トップページ
  • NEWS
  • 研究成果
  • 頭の中で想像する内容を脳波リズムの位相差が切り替える ~振動子モデルによる脳型コンピュータへの応用に期待~

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る