NEWS

トピックス

公開日:2016.09.26

九州大学・日本機械学会共同主催による特別講演を開催

トピックス

 平成28年9月13日(火),伊都キャンパス椎木講堂コンサートホールで,日本機械学会年次大会の一環として,同学会及び本学の共同主催による特別講演を開催しました。
 本特別講演では,株式会社ドーンデザイン研究所代表取締役 水戸岡 鋭治氏による「デザインは公共のために」,九州旅客鉄道株式会社代表取締役社長 青柳 俊彦氏による「九州を元気に!」とそれぞれ題した講演を行いました。
 水戸岡氏は,観光寝台列車「ななつ星in九州」をはじめとするユニークな車両デザインを数多く手がけられたことで知られていますが,そのデザインに至る着想の原点や人,地域,技術との深い関わりについて,同氏がこれまでに手掛けた車両,駅舎などの紹介と共にお話しされ,青柳氏は,JR九州のこれまでの長い歴史とともに,“デザイン&ストーリー(D&S)列車”をコンセプトとした新たな観光列車の開発などにより,九州の町のにぎわいを作ってきたダイナミックな経営戦略の変遷を紹介しました。
 会場には,一般の方を含む500人以上が足を運び,水戸岡氏の斬新な発想とそれを取り入れたJR九州の決断に参加者全員が聞き入り,講演は好評裡に幕を閉じました。

登壇する水戸岡氏

登壇する青柳氏

お問い合わせ

工学部等総務課庶務係
電話:092-802-2708
Mail:kossyomu★jimu.kyushu-u.ac.jp
※メールアドレスの★を@に変更してください。

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る