NEWS

トピックス

公開日:2014.12.10

「International Forum for Green Asia 2014」(2014年度グリーンアジア国際セミナー・総理工セミナー)を開催

トピックス

写真(画像をクリックすると別ウィンドウで大きく表示されます)
写真(画像をクリックすると別ウィンドウで大きく表示されます)
写真(画像をクリックすると別ウィンドウで大きく表示されます)

 平成26年11月28日(金)・29日(土)の両日,筑紫キャンパスの総合研究棟(C-Cube)において,九州大学博士課程教育リーディングプログラム「グリーンアジア国際戦略プログラム」の国際セミナーと,総合理工学府主催の総理工セミナーの合同企画として,「International Forum for Green Asia 2014」を開催しました。本フォーラムは昨年度から合同で開催しており,今回が2回目です。
 本フォーラムでは,環境,資源,大学のプログラム運営,人材育成,エンジニアリング企業の海外進出など幅広いテーマで,招待講演2件,基調講演2件の計4件の講演が行われました。本学からは,招待講演として林徹夫教授が登壇しました。また,グリーンアジア国際戦略プログラム生とグローバルCOEプログラム「新炭素資源学」コース生によるポスター形式での研究発表および学生セッション(学生リーダーが設定したテーマについてグループに分かれて議論し,その成果を発表する)を合わせて実施しました。
 本フォーラムには日本を含む15カ国から100名以上が参加し,活発な議論・討論,意見交換が行われました。


【写真】

(上)Osseo-Asare教授(Pennsylvania State University, USA, Nelson Mandela African Institute of Science and Technology, Tanzania)による基調講演

(中)学生によるポスターセッション

(下)参加者による集合写真


このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る