NEWS

トピックス

公開日:2017.09.27

九州大学「危機管理シミュレーション」実施報告

トピックス

 平成29年8月25日(金)、本学伊都キャンパスにて、NPO法人海外留学生安全対策協議会(略称:JCSOS)の協力の下、学生の海外派遣に係る、実際の事件・事故を想定したシミュレーションを行いました。
 本シミュレーションには、丸野俊一理事・副学長(教育担当)ならびに渡邊公一郎副理事(国際担当)をはじめとする、海外派遣プログラムに関係する様々な部署にまたがる教職員67名ならびに福岡地域留学生交流推進協議会会員校9校15名の職員、計82名が参加しました。
 丸野理事の冒頭挨拶に引き続き、JCSOS講師からの危機管理に係る講義の後、「海外研修中に参加学生が事件に巻き込まれたという一報を受け、大学に対策本部が設営された」という想定のもとシミュレーションを開始しました。
 シミュレーションでは、参加者が、①対策本部役(本部、広報班、情報収集班、学生・家族対応班、業務渉外班、総務・経理班、現地対応班の7班で構成)、②マスコミ役、③家族役に分かれて行い、対策本部には現地役から断続的にはいる現地の事故情報や家族役・マスコミ役からの問合せへの対応を通して、大学の行う事故対応を体験しました。
 参加者からは、「予想していたよりも全く対応できないことがわかった」「今後のために大変貴重な経験になった」「『家族』の立場だったので、大学の対応にどのように感情を害すかということが実感でき反省させられた。とても良いシミュレーションだった」との感想が聞かれました。
 今回の事故対応の疑似体験を通し、実践的な危機管理体制の構築に向けた教職員の危機管理意識の向上を図り、今後の危機管理体制の検討及びマニュアル作成等への活用へとつなげていきます。

JCSOS講師による助言・説明を受ける対策本部教職員 

各班へ指示を出す、対策本部副部長の渡邊副理事

学生・家族対応班内での打合せ

派遣学生の両親からの問合せに対応する学生・家族対応班

家族説明会及び記者会見のシミュレーション

お問い合わせ

学務部留学生課
電話:092-802-2227

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る