NEWS

トピックス

公開日:2017.11.10

デザイン教育の質保証に関する国際シンポジウムを開催

トピックス

 平成29年10月21日(土)、本学芸術工学研究院は、未来デザイン学センターと共に「デザイン教育の質保証に関する国際シンポジウム」を電気ビル共創館(福岡市中央区)にて開催しました。
 本シンポジウムでは、急速に拡張し、質的にも変容を続けるデザインの概念と、デザインに対する社会的なニーズと期待に対して、本学を中心としたデザイン教育の現場における理念と方法論の再検討を行い、その将来を模索することを目的として実施されました。
 第1部では、谷芸術工学研究院長をはじめとして、武蔵野美術大学の長澤学長、KAISTのKun-pyo LEE教授から「デザイン教育の質を考える視点」をテーマとして、これからのデザイナーに求められるものは何か、デザイン教育のこれからを見据えたビジョンについての基調講演が行われました。
 続く第2部では、シンガポール国立大学、清華大学の教員から「デザイン教育のフレーム」をテーマとして各大学の挑戦的な取組が紹介され、午後からの第3部では、大連理工大学など全7大学の教員から各大学が実践している未来を見据えた教育の実践について報告があり、参加者との意見交換が行われました。 
 第4部では、これからのデザイン教育について重要なことは何か、今後デザイン教育が達成すべきことは何かについて、登壇した4大学の教員と会場の参加者を交えて活発な討論が行われ、今後のアジア地域におけるデザイン教育についての様々な問題提起の場となりました。

谷正和大学院芸術工学研究院長の挨拶

基調講演を聞く参加者

第4部でのディスカッションの様子

第4部での各登壇者からの報告を踏まえた議論の記録

登壇者・講演者等との集合写真

お問い合わせ

芸術工学部企画・広報係
電話:092-553-4429
Mail:gkskoho★jimu.kyushu-u.ac.jp
※メールアドレスの★を@に変更してください。

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る