NEWS

トピックス

公開日:2017.11.24

本学の流域システム工学研究室が取り組む“アザメの瀬 湿地の転生“プロジェクトが土木学会デザイン賞最優秀賞を受賞

トピックス

 本学大学院工学研究院環境社会部門の流域システム工学研究室の、島谷幸宏教授や林博徳助教が取り組む“アザメの瀬 湿地の転生”プロジェクトが、土木学会デザイン賞最優秀賞を受賞しました。
 本プロジェクトは、佐賀県の松浦川において、氾濫原的湿地の再生と人と生き物のつながりの再生を目標として実施された自然再生事業です。島谷教授および林助教は、コンセプト立案、設計・施工指導、合意形成、ワークショップ運営、竣工後の民官学連携活動の実践、環境学習教室の開催、生物モニタリングなどの活動に取組みました。さらに、事業主体である国土交通省九州地方整備局武雄河川事務所や沿川市民と協力し、本プロジェクトを主体的に牽引しました。本事業は、そのデザイン思想や10年以上にわたる持続的な取り組みが特に評価され、審査員より、「現代社会に最も必要な場である」、「原生的な自然ではなく、自然と人の関わりの歴史が生み出した風景。心にしみる」などの講評コメントが見られました。
 この受賞をうけて、平成30年1月21日(日)に土木学会講堂にて土木学会デザイン賞授賞式および受賞者プレゼンテーションが行われます。
 なお、流域システム工学研究室では、昨年度にも本賞の最優秀賞を“上西郷川 里川の再生”で受賞しており、研究室としては2年連続での最優秀賞受賞となりました。

土木学会デザイン賞HPについて:http://design-prize.sakura.ne.jp/
2017年度受賞作品について:http://design-prize.sakura.ne.jp/award

アザメの瀬全景

アザメの瀬航空写真

環境学習会の様子

お問い合わせ

九州大学大学院工学研究院環境社会部門流域システム工学研究室
助教 林 博徳

電話:092-802-3419
Mail:hayashi★civil.kyushu-u.ac.jp
※メールアドレスの★を@に変更してください。

  • トップページ
  • NEWS
  • トピックス
  • 本学の流域システム工学研究室が取り組む“アザメの瀬 湿地の転生“プロジェクトが土木学会デザイン賞最優秀賞を受賞

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る